このページの本文へ

1万円を切った“SiS 662”+“SiS 666”を搭載するCore 2 Duo対応マザーボード「662-TMG/G」がDFIから登場

2006年09月02日 23時39分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DFIからチップセットに“SiS 662”+“SiS 666”を搭載するCore 2 Duo対応のLGA775マザーボード「662-TMG/G」が発売された。Micro ATXフォームファクタのVGAオンボードという仕様で、価格が1万円を切っているというのが特徴。

662-TMG/G ポップ
“SiS 662”+“SiS 666”を搭載するCore 2 Duo対応のLGA775マザーボード「662-TMG/G」。最上位のCore 2 Extremeも搭載可能としているMicro ATXフォームファクタのVGAオンボードという仕様で、価格は1万円切り

 “SiS 662”+“SiS 666”は昨日発売されたShuttle製キューブ型ベアボーンPC「SS30G2」でも採用されていたVGA機能統合型のチップセット。Pentium 4/D向けの製品のようだが、他のチップセットと同様Core 2 Duo対応となったチップセットのようだ。ちなみに先の、キューブ型ベアボーンPC「SS30G2」はCore 2 Duo対応をうたってはいない。
 主なスペックは拡張スロットがPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2という構成で、メモリスロットはDDR2 DIMM×2(DDR2-667/533、最大2GB)。オンボード機能としてVGA(Mirage 1)や6chサウンド(Realtek/ALC655)、ギガビットイーサネット、Serial ATA×4(RAID 0/1/JBOD)などを搭載している。本日入荷を確認したアークでは、価格9780円となっている。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ