このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Mac Pro-2.66GHz(2006年8月発表)

パワフルだけどお財布に優しい! 消費電力から見るMac Proの魅力

2006年08月25日 15時45分更新

文● 編集部 広田稔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アイドル時/動作時ともにMac Proのほうが低い

ビジュアルエフェクト
『iTunes』のビジュアルエフェクト再生

まず最初に、スリープ時、平時(アイドル時)、『iTunes 6.0.5』のビジュアルエフェクト使用時における消費電力を測った。グラフを見てわかるように、どの状態でもMac Pro-2.66GHzのほうがPower Mac G5 Quad 2.5GHzより消費電力が低い。

さらにカスタマイズしたMac Pro-3.0GHzでも、iTunesのビジュアルエフェクト使用時はノーマル状態のPower Mac G5 Quad-2.5GHzより消費電力が低かった。

注目したいのは、アイドル時とiTunesのビジュアルエフェクト使用時の消費電力差だ。Power Mac G5 Quad-2.5GHzでiTunesでビジュアルエフェクトを使うと平時の1.45倍程度まで消費電力が上がるが、Mac Pro-2.66GHzでは1.1倍程度に収まっている。

また、Mac Proはスリープ時の消費電力も1Wとかなり抑えられている。ちなみにPower Mac G5 Dual-2.5GHzは、スリープを実行すると画面は消えるがなぜかファンが回り続けて消費電力が落ちなかった。その際の消費電力は228Wだったが、これは参考値として見てほしい。



消費電力その1
スリープ/アイドル/iTunesビジュアルエフェクト再生(VE再生)の3状態で計測した消費電力。グラフ中の数値はW数、“MP”はMac Pro、“PM”はPowerMac G5、“Mm”はMac miniをそれぞれ表している

消費電力は低く、パフォーマンスは高く

続けて消費電力と実際のパフォーマンスを見るために、3Dグラフィックのベンチマークツール『CINEBENCH 9.5』と、Pro版の『QuickTime Player 7.1.2』を使ったiPodムービー(H.264)書き出しのテストを行った。ソフトはともにUnviersalアプリケーション化されている。

CINEBENCHでは、CPU/GPUのテストとも、Power Mac G5よりMac Proのほうが消費電力が低くて、パフォーマンスが高い結果となった。例えばCPUのテストで、Mac Pro-2.66GHzとPower Mac G5 Quad-2.5GHzを比べてみると、Mac Proのほうが消費電力が10分の7程度で、スコアが15%ほど高い。

CINEBENCHのCPUテスト
『CINEBENCH 9.5』は、3D画像のレンダリングをCPU、またはGPUによって実行し、そのパフォーマンスを数値で算出する。CPUでは“Rendering(x CPU)”を実行。青い棒グラフがテストのスコアで、棒が長いほど高い性能ということになる。赤い折れ線グラフは消費電力だ
CINEBENCHのGPUテスト
GPUでは“OpenGL HW-L”を実行した

H.264書き出しの結果でも同様の傾向を示した。なお今回のテストではPower Mac G5 Quad-2.5GHzの結果が、Power Mac G5 Dual-2.5GHzに劣っていたが、過去に同じ検証した際はQuad-2.5GHzのほうが高速だったこともある。Power Mac G5 Quad-2.5GHzの変換時間は参考程度に見てほしい。

H.264エンコード
『QuickTime Player 7.1.2』のPro版を使い、60秒のDVムービーをiPodムービー(H.264)に書き出した。青い棒グラフが変換にかかった時間で、棒が短いほど高性能ということになる。赤い折れ線グラフは消費電力だ

ソフトの問題さえクリアーできればMac Proはお勧め

今回の検証結果から判断すると、Mac ProはPower Mac G5に比べてアイドル時も動作時も消費電力が下がっていると言えるだろう。細かい話だが、同じ条件なら電気代もPower Mac G5時代より少なくて済むはずだ。

経過時間 電気料金
電化製品とコンセントの間に設置し、使用時間と消費電力、電気代を手軽に調べられる『エコワット』という計測器がある。この機器を用い、原稿執筆やウェブブラウズといった簡単な作業を先のMac Pro-3.0GHzで実行したところ、30時間(うち12時間ほどスリープ)で87円という結果になった

一方、性能は今回のテストや過去のベンチマークを見てもわかるように、Universalアプリケーションに限って言えば、Mac Proのほうが高い。

現状では仕事に使うソフトやハードウェアのドライバーがすべてUniversalアプリケーション化されていないため、今の環境を捨てられないというプロユーザーもいるだろう。また、プロユーザーの中にはクラシック環境がまだまだ必要になるというユーザーも少なくない。

しかし、それらの条件がクリアーできるのなら、性能、拡張性、消費電力のさまざまな面から見て、既存のPower Mac G5からMac Proに乗り換える価値は大いにあるはずだ。



前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中