このページの本文へ

タッチパネルでPCの起動が可能なミドルタワーケース「OCS-01」がアイネックスから登場!

2006年08月25日 20時12分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LEDタッチパネルでPCの起動が可能なミドルタワーケース「OCS-01」がアイネックスから登場した。フロントパネルの下部にタッチセンサーが搭載されており、センサーに指で触れることでPCの電源をON/OFFしたり、リセットできるのが特徴だ。

「OCS-01WH」 ケース内部
LEDタッチパネルでPCの起動が可能なアイネックス製ミドルタワーケースのホワイトモデル「OCS-01WH」拡張ベイ数は5インチ×4、3.5インチ×1、3.5インチシャドウ×3という構成で、電源は非搭載。ファンは、フロントに12cm角を1基、リアに9cm角を1基搭載する

 LEDタッチパネルにある“Powerタッチセンサー”に1秒以上指で触れているとPower LEDとReset LEDが青く点灯し、電子音とともにPCが起動する。同じく、“Resetタッチセンサー ”に2秒以上触れると電子音とともにPCが再起動する仕組みだ。また、“ロックタッチセンサー”に2秒以上触れると、PowerとResetセンサーのLEDが消え、センサーに誤って触れてしまうのを防ぐロック機能が働くようになる。この機能は、もう一度“ロックタッチセンサー”に2秒以上触れると、LEDが消えロックを解除できる。そのほかLEDタッチパネルには、スタンバイ状態になると赤くLEDが点灯する“スタンバイアイコン”と、 HDDにアクセスするとLEDが赤く点滅する“HDDアイコン”が用意されている。
 拡張ベイ数は5インチ×4、3.5インチ×1、3.5インチシャドウ×3。ファンは、フロントに12cm角(1800rpm/45.1CFM/34.2dB)を1基、リアに9cm角(1500rpm/27.6CFM/27.3dB)を1基搭載する。また、3.5インチベイの下に設置されているLEDにはPCケース内の温度を表示可能なほか、タッチパネルの下にはフロントアクセスポートとしてUSB2.0×2、アナログ音声入出力端子を備えている。カラーはホワイトとブラックの2色をラインナップ。価格はTSUKUMO eX.とツクモケース王国、TWOTOP秋葉原本店、T-ZONE.PC DIY SHOP、ドスパラ本店で6980円となっている。

タッチセンサー タッチセンサー解説
フロントパネルの下部にタッチセンサーが搭載されており、センサーに指で触れることで電源のON/OFFや、リセットが可能だ3.5インチベイの下に設置されているLEDにはPCケース内の温度を0℃~80℃の範囲で表示可能
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ