このページの本文へ

早くドライブが欲しい!初のHD DVD-R DLメディアの販売がスタート!三菱化学メディア製で容量は2層タイプ30GB

2006年08月10日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 初のHD DVD-R DLメディアの販売が始まっている。登場したのは三菱化学メディア製の「VR150T1」で録画用HD DVD-R片面2層タイプの容量30GBとなる製品だ。

VR150T1 VR150T1
三菱化学メディア製の「VR150T1」。初のHD DVD-R DLメディアの単体販売だ

 「VR150T1」はシンガポール産のHD DVD-R DLメディア。「デジタルハイビジョン放送をハイビジョン画質のまま150分録画することができる(転送レート約24Mbps時)」としている。もっとも現状で使用できるのは民生機として販売されている東芝製デジタル放送対応HD DVD/HDDレコーダー「RD-A1」のみ。PC用のドライブ単体販売の具体的な発売予定は今のところない。販売しているのはクレバリー1号店で価格は3984円。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ