このページの本文へ

ジェットエンジンですか? 25cmファンを2基搭載したミドルタワーケース「Xclio A380」のサンプルをツクモケース王国で展示中!

2006年08月04日 21時30分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイズが来週発売予定としているMeridian Technology製ミドルタワーケース「Xclio A380」のサンプルがツクモケース王国で展示中だ。同ケースは“COMPUTEX TAIPEI 2006”でも展示されていたもので、25cmファンを前面に1基、側面に1基、計2基搭載しており、フロントとサイドからのクロスエアフローを実現しているのが特徴だ。

「Xclio A380」 フロントパネル
Meridian Technology製ミドルタワーケース「Xclio A380」。前面と側面にブルーLED付きの25cmファンを搭載している拡張ベイは、5インチ×5、3.5インチ×1、3.5インチシャドウ×7という構成

 ブルーLED付きの25cmファンは、それぞれとファンコントローラを搭載しており、つまみを回すことでファンスピードを調整可能だ(回転数600~1000rpm/風量67.69~112.82CFM/騒音値27.74~38.83dB)。また、背面には別途8/9/12cmファンを1基増設可能となっている。拡張ベイは、5インチ×5、3.5インチ×1、3.5インチシャドウ×7という構成で、電源は非搭載。フロントアクセスポートとしてケース天面にUSB2.0×2、IEEE1394×1を用意。本体サイズは265(W)×595(D)×540(H)mmと、前面に25cmファンを搭載しているため、ややケース幅がある。カラーはブラックとシルバーの2色をラインナップ。10日発売予定でツクモケース王国とTSUKUMO eX.と高速電脳、BLESS秋葉原本店で予価1万4980円としている。

前面ファンのファンコン 側面ファンのファンコン
前面ファンの側面に配置されたつまみを回すことでファンスピードを調整可能側面のファンのファンコンはPCIブラケット部に搭載されている
フロントアクセスポート 側面
フロントアクセスポートケース天面にUSB2.0×2、IEEE1394×1を用意左サイドパネルは透明アクリル製。なお、ドライブベイとPCIブラケットはスクリューレスで固定可能だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ