このページの本文へ

シャープ、液晶テレビ9機種とレコーダーなどを発表――HDMI経由での機器制御も実現

2006年08月02日 20時39分更新

文● 編集部 橋本優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AQUOSファミリンク”のデモ展示
“AQUOSファミリンク”のデモ展示

シャープ(株)は2日、液晶テレビ“AQUOS(アクオス)”シリーズの最新機種となる“AQUOS G”シリーズ9機種と、デジタルハイビジョンレコーダー“AQUOSハイビジョンレコーダー”4機種、AQUOSと連携できる1bitシアターラックシステム“AQUOSサラウンド”を発表した。価格はすべてオープンプライス。また、新しいリモコンにより上記の機器を一元操作できる“AQUOSファミリンク”についての説明を行なった。

AQUOSを中心に各種機器の連携が可能な“AQUOSファミリンク”

HDMIコントロールのデモ AQUOSサラウンドデモ
AQUOSで視聴中のテレビ番組をリモコンのボタン1つで、HDMIで接続されたレコーダーに録画できるAQUOSで取得した番組情報を元に、AQUOSサラウンドでは最適な音声モードに自動で切り替わる

新フィーチャーとなるAQUOSファミリンクとは、HDMI(High-Definition Multimedia Interface)により各種機器(AQUOSハイビジョンレコーダーやAQUOSサラウンド)の操作制御を行なうことで、AQUOSを中心にHDMIで接続された各種機器を1つのリモコンで操作し、かつ連携させることができるというもの。たとえば、AQUOSで視聴中のテレビ番組を、リモコンの“録画”ボタンを押すだけでAQUOSハイビジョンレコーダーが録画を行なってくれる。レコーダーがスタンバイ状態でも、ボタンを押してから3秒で録画が開始されるという。このほか録画した番組の再生や入力切替、音声モードの切り替えなども可能となっている。またAQUOSで取得した番組情報の“番組ジャンル”を元に、AQUOSサラウンドが自動で最適な音声モードでサウンド出力を行なう機能なども実現している。

AQUOSファミリモコン
従来のAQUOS用リモコン(左)と“AQUOSファミリモコン”(右)。レコーダー操作用ボタンなどが増えている

AQUOSファミリンクに対応する新しいリモコン『ファミリモコン』は、今回発表されたAQUOSハイビジョンレコーダーに同梱され、これらは過去にリリースされたAQUOSとも連携使用が可能だという。ちなみに松下電器産業(株)の液晶テレビとレコーダーにも“VIERA Link”と呼ばれる同様の機能があるが、これらとAQUOSファミリンクには互換性はないという。

フルハイビジョン対応の2機種を含むAQUOS亀山モデル9機種

AQUOS展示写真 AQUOS Gシリーズ写真
“AQUOS G”シリーズ。左は発表会場の展示

今回のAQUOS Gシリーズは、同社亀山第1工場で生産されたモデルで、37V型(37インチワイド)液晶パネル搭載モデルの『LC-37GX1W』と『LC-37GX2W』の2機種がフルハイビジョン対応となる。今回の新機種はパネルサイズが37V型から20V型(20インチワイド)まで5種類あり、そのうち4種類については、液晶パネルの下にスピーカーを配置し、横幅を約18~15cmほど抑えた“アンダースピーカー”タイプと、本体の左右サイドにスピーカーを配置し、音の広がりを追及した“サイドスピーカー”タイプの2種類がそれぞれに用意されている。

LC-37GX1W、LC-37GX2W
37V型(37インチワイド)、解像度:水平1980×垂直1080画素、画面輝度:450cd/m2、アンダースピーカー(GX1W)、サイドスピーカー(GX2W)、本体重量:約27.0kg(GX1W)、約27.5k(GX2W)
予想実売価格:38万円前後、発売予定日:9月1日
LC-37GH1、LC-37GH2
37V型(37インチワイド)、解像度:水平1366×垂直768画素、画面輝度:450cd/m2、アンダースピーカー(GH1)、サイドスピーカー(GH2)、本体重量:約27.5kg(GH1)、約28.0kg(GH2)
予想実売価格:33万円前後、発売予定日:10月1日
LC-32GH1、LC-32GH2
32V型(32インチワイド)、解像度:水平1366×垂直768画素、画面輝度:450cd/m2、アンダースピーカー(GH1)、サイドスピーカー(GH2)、本体重量:約24.0kg(GH1)、約24.5kg(GH2)
予想実売価格:24万円前後、発売予定日:9月1日
LC-26GH1、LC-26GH2
26V型(26インチワイド)、解像度:水平1366×垂直768画素、画面輝度:450cd/m2、アンダースピーカー(GH1)、サイドスピーカー(GH2)、本体重量:約17.0kg(GH1,GH2とも)
予想実売価格:19万円前後、発売予定日:9月1日
LC-20GH1
20V型(20インチワイド)、解像度:水平1366×垂直768画素、画面輝度:450cd/m2、アンダースピーカー、本体重量:約9.6kg
予想実売価格:14万円前後、発売予定日:9月15日

液晶パネルには高コントラスト、高視野角、高速応答性が売りの“ブラックASV液晶パネル”を採用。また32V型以上のモデルで採用するスピーカーは、本体から独立した仕様になっており、共振による音質低下を防げるとともに、6つのスピーカーにより低音から高音までを質感豊かに再生できるという。

1チューナーでもW録画が可能な“AQUOSハイビジョンレコーダー”

DV-ACW38 DV-AC34とDV-AC32 DV-ACV32
『DV-ACW38』『DV-AC34』と『DV-AC32』『DV-ACV32』
ハイブリッドダブレコ
“ハイブリッドダブレコ”のデモ

上述のAQUOSファミリンクに対応するAQUOSハイビジョンレコーダーは4機種が登場している。AQUOSファミリンク以外の特徴として、AQUOSとAQUOSハイビジョンレコーダーをi.LINKケーブルで接続することで、AQUOSのデジタルチューナーで受信した番組をAQUOSハイビジョンレコーダーで録画することが可能な“ハイブリッドダブレコ”機能を搭載。つまり、AQUOSハイビジョンレコーダーにデジタルチューナーが1つしか搭載されていなくても、AQUOSとデジタル放送の2番組同時録画が行なえる。そのほか、薄型コンパクト設計(DV-ACW38で幅430×奥行き335×高さ68mm)により省資源化を実現しているという。

DV-ACW38
チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×2、地上アナログ×1、HDD:800GB、記録可能ディスク:DVD-R/RW(CPRM対応)、DVD-R DL
予想実売価格:19万円前後、発売予定日:9月1日
DV-AC34
チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×1、地上アナログ×1、HDD:400GB、記録可能ディスク:DVD-R/RW(CPRM対応)、DVD-R DL
予想実売価格:12万円前後、発売予定日:9月15日
DV-AC32
チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×1、地上アナログ×1、HDD:250GB、記録可能ディスク:DVD-R/RW(CPRM対応)、DVD-R DL
予想実売価格:10万円前後、発売予定日:9月15日
DV-ACV32
チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×1、地上アナログ×1、HDD:250GB、記録可能ディスク:DVD-R/RW(CPRM対応)、DVD-R DL、VHSビデオ搭載
予想実売価格:13万円前後、発売予定日:10月20日
AQUOSサラウンド“AQUOSサラウンド”。上が『AN-ACX1』で下が『AN-ACY1』

このほか、AQUOSファミリンクに対応する“AQUOSサラウンド”は2種類が登場。45V型(45インチワイド)サイドスピーカータイプのAQUOSを設置できる『AN-ACX1』(10月1日発売、予想実売価格は13万5000円前後)と、45V型アンダースピーカータイプから32V型までのAQUOSを設置できる『AN-ACY1』(10月23日発売、予想実売価格は12万5000円前後)となっている。

亀山第2工場産の製品投入は近日中

片山 幹雄氏
シャープの専務取締役でAV・大型液晶事業統轄兼AVシステム事業本部の片山 幹雄氏

シャープの専務取締役で、本年4月にAV・大型液晶事業統轄兼AVシステム事業本部に着任した片山 幹雄(かたやま みきお)氏は、AQUOSが今年5月に生産台数1000万台を達成したことについて、「500万台達成には量産から開始して4年かかったわけですが、そこから1000万台までは1年5ヶ月という猛スピードで達成することができました」と同社の生産性をアピールした。また同社亀山第1工場で生産された液晶テレビが“亀山ブランド”として高い評価を受けているとし、「AQUOSは(国内で)約45~50%のマーケットシェアに至っている」ことを明らかにした。その上で今回のAQUOSファミリンクについては「(従来の)AV機器を使うのは大変難しい」ため、「もっと簡単に、もっと易しく使いこなしたい」との考えから実装に至ったという。

また、今回フルスペックのハイビジョン対応機種が2機種しかないことについて同氏は「年末に向けてできるだけ100%、フルスペックハイビジョンを売りたい」という意向を明かしつつも「消費者の皆さんのお気持ちもありますので」と、ユーザーに選択肢を持たせたことを強調。また今月1日に稼動を開始した亀山第2工場については「改めてきちんと40インチ以上の発表をしたい」とし、近日中に亀山第2工場で生産される40インチ以上の製品投入をほのめかした。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン