このページの本文へ

米コダック、フレクストロニクスにデジタルカメラの製造部門を売却――研究開発中心に

2006年08月02日 18時28分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米イーストマン・コダック社は現地時間の1日、コンシューマー向けデジタルカメラの製造/流通、カメラ設計/開発機能の一部を、電子機器受託製造サービス(EMS:Electronics Manufacturing Services)大手であるシンガポールのフレクストロニクス・インターナショナル(Flextronics International)社に移管することで合意したと発表した。デジタルカメラの組み立て/生産/検査を含む全工程をフレクトロニクスに売却し、コダックはシステム設計や意匠/工業デザイン、ユーザーインターフェースなどの研究開発に専念することになる。知的財産権もコダックが保有する。

これに伴い、(株)コダックのデジタル プロダクト センター(KDPC)、茅野/横浜両事業所の大部分(カメラ設計部門と従業員)、デジタルカメラの製造/組立/物流業務を行なう中国のコダック エレクトロニクスプロダクツ上海(KEPS)の関連施設と従業員は、契約締結後、フレクストロニクスに統合される。契約締結は第3四半期中を見込んでおり、転籍する従業員は約550名。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン