このページの本文へ

呂布 or 関羽専用? 真っ赤な電源“赤兎馬”シリーズが発売に!

2006年07月29日 23時51分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 真っ赤な塗装が印象的なATX電源“赤兎馬”シリーズが発売された。本製品はENERMAX製の電源“LIBERTY”シリーズのオリジナルモデルで、フェイスとTWOTOPでのみ販売が行なわれている。ラインナップは、容量は620W、500W、400Wの3種類。

赤兎馬
真っ赤な塗装が印象的なATX電源“赤兎馬”シリーズ。ラインナップは、容量は620W、500W、400Wの3種類

 本製品はATX12V ver2.2に準拠し、SLIにも対応している。本体には磁気浮上式の12cmファン(騒音値19dB)を1基内蔵しており、ケーブルは着脱式を採用。パッケージによると変換効率は80%以上を実現しているという。コネクタ数はメインコネクタ(20ピン+4ピン)×1、ATX12V(4ピン)×1、SSI-EPS(4+4ピン)×1、PCI Express×2、Serial ATA×5(620W)/4(500W)/3(400W)、4ピンペリフェラル×5(620W)/4(500W)/3(400W)という構成で、スペックはENERMAX製の“LIBERTY”シリーズとほぼ変わらない。価格はフェイスで620Wの「ELT620AWT/STB」が1万8800円、500Wの「ELT500AJT/STB」が1万2980円、400Wの「ELT400AJT/STB」が7980円。

着脱式ケーブル 磁気浮上式12cmファン
ENERMAX独自の“Eternityコネクタ”と呼ばれる着脱式ケーブルを採用している磁気浮上式の12cmファン(騒音値19dB)を1基内蔵している。ファンガードには“赤兎馬”と書かれている
ケーブルのケース パッケージ
ケーブルは専用の袋に収められている。使用しないケーブルをコンパクトに保管できて便利だパッケージ。どことなく中国っぽいデザインだ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ