このページの本文へ

ソフトイーサ、VPNソフトの64bit版『PacketiX VPN 2.0 64-bit Edition』を開発

2006年07月28日 17時04分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトイーサ(株)は28日、VPNソフト『PacketiX VPN 2.0』の64bit対応版を開発したと発表した。8月以降、販売体制が整い次第、ライセンス提供を開始する。

64bit版の構成は、サーバーソフト『PacketiX VPN Server 2.0 64-bit Edition』、クライアントソフト『PacketiX VPN Client 2.0 64-bit Edition』、ブリッジ『PacketiX VPN Bridge 2.0 64-bit Edition』の3本。対応環境が32bitから64bitになったことによりVPN通信のスループットが向上したほか、『PacketiX VPN Server 2.0 64-bit Edition』では、仮想Hubの個数が4096個から10万個に、VPNセッションの同時接続数も4096から10万に増えたという。

管理画面
同社内で『PacketiX VPN Server 2.0 64-bit Edition』で2万3500本のVPNセッションを1台のサーバーに接続した際の管理画面

対応アーキテクチャーは、米インテル社のEM64T、米Advanced Micro Devices社のAMD64、米SPARC International社のSPARC V9。対応OSは、EM64T/AMD64が、Windows XP Professional x64 Edition、Windows Server 2003, Standard x64 Edition/Enterprise x64 Edition、Windows Server 2003 R2, Standard x64 Edition/Enterprise x64 Edition、Linux(カーネル 2.4/2.6)、FreeBSD 5.x/6.x、Solaris 10、SPARC V9がSolaris 8/9/10。

同社では、32bit版と64bit版の性能比較を行ない、同一のハードウェア(サーバーがデュアルコアOpteron-2.0GHz×2/メモリー4GB/10GbE、クライアントがXeon-3.2GHz×2/メモリー2GB/GbE×4台、10GbEのL2スイッチ)上でVPN通信のスループットを計測したところ、32bit版では最大約2.6Gbpsだったものが、64bit版では最大約3.1Gbpsに上がったという。また、高速通信回線上でVPN通信を行なう場合、64bit版を利用すれば約VPN通信のスループットが17%向上することが分かったとしている。

同社では、VPN Serverの同時接続VPNセッション数や仮想Hubの個数が大幅に増えたことから、サービスプロバイダー向けの特別版として『PacketiX VPN 2.0 Carrier Edition』の提供も予定しており、8月中旬に詳細な情報を公開するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン