このページの本文へ

自分専用のPC環境を持ち運べる! OSインストール済みのUSBメモリが登場!

2006年07月26日 00時00分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 OSと各種アプリケーションがインストールされているHIKARINETSのUSBメモリ「USBドライブ」が発売された。USBポートからブート可能なPCに本製品を接続して電源を入れると、USBメモリ内のOSが起動するため、PC本体にOSや各種ソフトがインストールされていなくても、文書作成や表計算などが可能だ。

「USBドライブ」
OSと各種アプリケーションがインストールされているHIKARINETSのUSBメモリ「USBドライブ」
パッケージの説明
USBメモリには、Linuxのディストリビューションである「KNOPPIX3.6」と各種アプリケーションソフトが内蔵されている。PCに接続して起動すれば、インターネットやメール、文書作成、表計算、プレゼンテーション等の作成、データ保存などが可能だ

 USBメモリには、Linuxのディストリビューションである「KNOPPIX3.6」と各種アプリケーションソフトが内蔵されている。USBポートでブート可能なPCに接続して起動すれば、インターネットやメール、文書作成、表計算、プレゼンテーション等の作成、データ保存などが行なえる。本製品を各自で所有すれば1台のPCを複数人で利用できるため、学校や企業など複数人で同一PCを利用する場合に最適といえよう。サイズは6.96(W)×1.7(D)×10(H)mm、重量は10g。USBメモリの容量は512MBで、価格はスーパーコムで6000円。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ