このページの本文へ

プラネックス、ゲーム機でインターネット対戦できる無線LANアダプター“ゲームリンクX”を発売

2006年07月26日 17時51分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プラネックスコミュニケーションズ(株)は26日、ゲーム専用の無線LAN USB接続アダプター『GW-US54Mini-G』を8月上旬に発売すると発表した。価格はオープン。直販サイト“PLANEX Direct”でも販売する。

製品本体 パッケージ
『GW-US54Mini-G』本体製品パッケージ

『GW-US54Mini-G』は、Windows搭載パソコンのUSBポートに装着し、家庭用ゲーム機(PSPやニンテンドーDS)で対戦ゲームを行なえるようにする無線LANアダプター。PSPを利用してインターネット経由で対戦ゲームが行なえる“XLink Kai”モード(Windows XP/2000対応)や、ニンテンドーDS同士で対戦ゲームが行なえる“ソフトウェアアクセスポイント”機能などを利用できるのが特徴。無線LANはIEEE 802.11g/b準拠で、セキュリティー機能は128bit/64bit WEP、WPA(TKIP/AES、PSK/EAP-TLS/EAP-PEAP)などをサポートする。

本体サイズは幅19×奥行き71.5×高さ9mm、重量は約10g。USBスティックタイプで、インターフェースはUSB 2.0/1.1を採用。消費電力は最大1.45W。対応OSはWindows XP/2000/Me/98 SE。XLink Kaiやソフトウェアアクセスポイントの設定方法のマニュアルや音声ガイドも用意されており、製品パッケージには、(株)ハイファイブ・エンターティンメントのオンラインゲーム『ブライトキングダム』も同梱される

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン