このページの本文へ

マイクロソフト、2007 Office system日本語版β2のオンライン試用版を公開

2006年07月18日 23時39分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は18日、次期Office製品“the 2007 Microsoft Office system”日本語版ベータ2をウェブサイトで体験できるサービス“Microsoft Office Beta Test Drive”を31日に公開すると発表した。米マイクロソフト社が現地時間の6月26日に提供を開始した英語版に続くもので、当初、6月末ごろまでに提供開始を予定していたサービス。

対象製品は、Microsoft Office Access 2007、Excel 2007、InfoPath 2007、OneNote 2007、Outlook 2007、Outlook Web Access、PowerPoint 2007、Project 2007、Publisher 2007、SharePoint Designer 2007、Visio 2007、Word 2007。

利用するには、ウェブブラウザー(Internet Explorer 6以上)が必要。ただし、試用しドキュメントの印刷や保存、メールドキュメントの送受信は行なえない。

なお、Windows SharePoint Services、Office SharePoint Server 2007、Office Project Server 2007などのサーバー製品は後日公開予定としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン