このページの本文へ

オムロン、出力コンセント制御対応のUPS用管理カード『SC20G』を発売

2006年07月10日 20時07分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オムロン(株)は10日、SNMP対応のネットワークでUPSを管理するための拡張カード“SNMP/Webカード”『SC20G』を11日に発売すると発表した。価格は5万6700円。

『SC20G』『SC20G』

“SNMP/Webカード”『SC20G』は、現行の『SC20』の後継機種で、対応UPSに組み込むことで、ネットワーク経由でSNMPを利用してUPSを管理するための拡張カード。MIBは、UPS MIB(RFC1628)とOMRON MIBをサポートする。新機能として、“BN-XR”シリーズの出力コンセント制御機能に対応したほか、Windows/Mac OS X/Linux対応のシャットダウンソフトが標準で付属するようになった。

インターフェースは10/100BASE-TXに対応し、プロトコルは、SNMP、HTTP、ARP、RARP、TFTP、ICMPをサポートしており、ウェブブラウザーやTelnet、シリアル接続を利用して管理できる。カードサイズは幅60×奥行き130×高さ18.2mm、重量は約90g。消費電力は最大3W。対応OSは、Windows Server 2003、Windows XP/2000/NT 4.0、Linux(カーネル 2.x)、Mac OS X 10.4/10.3、Mac OS X Server 10.4/10.3。

対応UPSは、BN100XR、BN150XR、BN240XR、BN50XS、BN75XS、BN100XS、BN140XS、BU50SW、BU75SW、BU100SW、BU150SW、BU100XR2、BU200XR2。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン