このページの本文へ

セルシス、アニメ作成のプロ仕様の撮影ツール『CoreRETAS HD』を発売

2006年07月07日 21時43分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)セルシスは7日、プロ向けのアニメーション作成ソフトの新製品として撮影ツール『CoreRETAS HD』を同日付けで発売すると発表した。Windows版とMac OS X版をラインアップする。価格は10万2900円。

メイン画面
メイン画面

『CoreRETAS HD』は、アニメーションの制作工程に合わせて機能別のソフトで構成される“REATS!PRO”シリーズの製品で、撮影工程をカバーするもの。彩色されたセルや背景などの素材を読み込んで、カメラワークを付け、エフェクトや合成処理などの特殊効果を加え、最終的な映像(カット)を出力する機能を搭載している。

新開発の“高速レンダリングエンジン”や、不要なレンダリングを省略する“インテリジェント・キャッシュ”を搭載したことでレンダリングを高速化したほか、セル/背景などの画像を3次元的に移動/回転して奥行き感のあるカメラワークを付けられる“3D カメラワーク”や“モーションパス”“マルチカメラ”などを搭載したことでカメラワーク機能が強化されている。特殊効果も強化されており、“エフェクトフィルタ”を60種類以上、合成モードを20種類以上搭載している。そのほか、ベクターデータにも対応し、RETAS!PRO HDシリーズで作成したベクター形式の素材を読み込んで撮影を行なうことができるため、ワンソース/マルチユースにも対応できるとしている。

製品パッケージ
『CoreRETAS HD』

入力対応フォーマットは、静止画が、BMP、DEL、DGA、LIF、PICT、PNG、PSD、RLA、SGI、SKF、SOFTIMAGE、SVD、TARGA、TIFFで、動画が、AVI、QuickTime、音声が、AIFF、WAV。出力対応フォーマットは、静止画が、BMP、PICT、PNG、RAW、SGI、SOFTIMAGE、TARGA、TIFF、YUV、動画が、AVI、Flash、QuickTime。ただしLIFとAVIはWindows版のみの対応となる。

対応OSは、Windows版がWindows XP SP2以上/2000 Professional、Mac OS X版がMac OS X 10.3.9/10/4.5以上。対応機種は、Windows版がPenitum-800MHz以上(2.0GHz以上推奨)、メモリー512MB以上(1GB以上推奨)を搭載したPC/AT互換機、Mac OS X版がPowerPC G4/G5-800MHz以上(1.5GHz以上推奨)、メモリー512MB以上(1GB以上推奨)を搭載したMacintosh。プロテクトキー接続用のUSBポートが必要。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン