このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

奇抜なデザインが勢ぞろい――FOMA 702i実機詳細レポート

2006年07月05日 04時07分更新

文● 編集部 橋本優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモが4日に発表した“FOMA 702i”シリーズ。今回の新機種はデザインにこだわっており、多くの機種が有名デザイナーとのコラボレーションを果たしている。また、米モトローラ(Motorola)社の超薄型携帯電話も登場しており、その注目度は高い。ここでは会場で展示されていた実機の写真とともに、各機種の詳細について細かく見ていこう。

FOMA最薄でBluetooth内蔵の『M702iS』

ディスプレーを開いた状態の『M702iS』ディスプレーを閉じた状態FOMA最薄の14.9mmを実現

モトローラ社製で、最薄部14.9mmはFOMAで最も薄い形状となる。モトローラは米国などで『RAZR V3』という携帯電話機を発売しており、形状はほぼ一緒となっている。本体にはアルミ素材を使用し、数字キーにはステンレスの一枚板を加工したものを採用するなど、高級感を演出したデザインが特徴的だ。FOMA 7シリーズでは初めて国際ローミングサービス“WORLD WING”に対応し、3G(W-CDMA)方式での通話やiモード、メールなどが海外(同サービス対応地域のみ)でも利用できる。国際ローミング使用時に役立つ機能として、ネットワークの自動切換え機能や自動で時刻を補正する機能、自動で時差を補正する機能などを搭載。さらに英語予測変換機能や電子辞書なども搭載する。またBluetooth 1.2にも対応しており、ハンズフリー通話やワイヤレスヘッドフォンの使用などが可能になるという。Bluetooth搭載もFOMA 7シリーズでは初めてとなる。

ディスプレー
メイン:約2.2インチTFT液晶パネル(240×320ドット、26万2144色表示)
サブ:約1インチCSTN液晶パネル(96×80ドット)
カメラ
外側:有効130万画素/記録130万画素CMOSセンサー
内側:有効10万画素/記録10万画素CMOSセンサー
外部メモリー
microSDカード(別売)
連続通話時間
約115分
連続待受時間
約345時間(静止時)
連続テレビ電話時間
約85分
本体サイズ/重さ
幅53×奥行き14.9×高さ102.9mm/約105g
本体カラー
Neo black、Hot pink、Cool silver


3G、GSM、GPRSの海外ローミングに対応する『M702iG』

ディスプレーを開いた状態の『M702iG』同じくディスプレーを閉じた状態。M702iSと比べるとややごつい印象本体にFOMAの電源コネクター付いておらず、充電は付属のUSB変換コネクターを利用する

M702iSと同じ米モトローラ製携帯電話機。デザインコンセプトは同様だが、WORLD WINGにおいて3GのほかGSMやGPRS方式にも対応する。また外側カメラも有効200万画素のCMOSセンサーを採用しており、M702iSよりスペックアップしている。ただし本体の最薄部は19.8mmとM702iSよりは厚くなっている。そのほかBluetooth(1.2)への対応やネットワーク自動切換え機能などローミング利用時に役立つ機能などはM702iSと同じ。

ディスプレー
メイン:約2.2インチTFT液晶パネル(240×320ドット、26万2144色表示)
サブ:約1インチCSTN液晶パネル(96×80ドット)
カメラ
外側:外側:有効200万画素/記録190万画素CMOSセンサー
内側:有効10万画素/記録10万画素CMOSセンサー
外部メモリー
microSDカード(別売)
連続通話時間
3G:約110分、GSM:約150分
連続待受時間
3G:約330時間(静止時)/GSM:約200時間
連続テレビ電話時間
約85分
本体サイズ/重さ
幅53×奥行き19.8×高さ101mm/約125g
本体カラー
ボルドーパープル、スパークリングホワイト
お詫びと訂正:本稿掲載当初、「連続通話時間 3G:約330分、GSM:約200分 、連続待受時間 3G:約110分/GSM:約150時間」との記述がありましたが、正しくは「連続通話時間 3G:約110分、GSM:約150分、連続待受時間 3G:約330時間(静止時)/GSM:約200時間」です。ここにお詫びし、訂正いたします。(2006年7月6日)


宝石のようなデザインが特徴の『D702iF』

立体・曲面印刷が施された“ライラック・ミラージュ”カラーの『D702iF』メインディスプレーを開いたところ(カラーは“グリーン・エア”)iアプリ“Cooking timer & Recipe”で料理レシピを表示。クッキングタイマー機能も搭載する

三菱電機(株)製で、女性を意識した携帯電話機。外観はファッションデザイナーの幾田桃子氏がデザインを手がけている。宝石のカット法である“マーキスカット”をイメージした“マーキスライン”により、“女性の手にしなやかにフィット”する柔らかな曲線をデザインに取り入れたという。カラーリングは4色(ライラック・ミラージュ、コーラル・コーラル、グリーン・エア、ホワイト・サンド)が用意されるが、そのうちのライラック・ミラージュは表面、裏面および側面に立体・曲面印刷技術である“マルチアングルプリント”を取り入れたプリントが施されている。サイドキー長押しであらかじめ設定したメロディーが鳴り、あたかも着信しているように見せる“ほっとメロディ”や、体のバイオリズム表示、料理レシピ表示などが可能なiアプリの実装など、機能面でも女性ユーザーに配慮した造りになっている。

ディスプレー
メイン:約2インチTFT液晶パネル(240×320ドット、26万2144色表示)
サブ:約0.6インチSTN液晶パネル(72×12ドット、モノクロ表示)
カメラ
外側:有効130万画素/記録130万画素CMOSセンサー
内側:有効10万画素/記録10万画素CMOSセンサー
外部メモリー
――
連続通話時間
約135分
連続待受時間
約460時間(静止時)
連続テレビ電話時間
約80分
本体サイズ/重さ
幅48×奥行き24×高さ100mm/約100g
本体カラー
ライラック・ミラージュ、コーラル・コーラル、グリーン・エア、ホワイト・サンド


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン