このページの本文へ

ASUSTeK製“nForce 590 SLI”搭載マザーボードにPCI-Xスロットを搭載する最上位モデル「M2N32 WS Professional」が登場!

2006年06月29日 21時55分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKからチップセットに“nForce 590 SLI”を採用するSocket AM2対応マザーボード「M2N32 WS Professional」が登場した。すでに発売中の「M2N32-SLI DELUXE/WiFi-AP」の上位モデルにあたる製品でPCI-Xスロットを搭載するのが特徴だ。

M2N32 WS Professional M2N32 WS Professional
“nForce 590 SLI”を採用するSocket AM2対応マザーボード「M2N32 WS Professional」。「M2N32-SLI DELUXE/WiFi-AP」の上位モデルにあたる製品でPCI-Xスロットを搭載するのが特徴

 この製品はチップセットである“nForce 590 SLI”(NVIDIA C51XE+NVIDIA MCP55PXE)に加え、PCI-Xブリッジである“NEC/uPD720404”を加えることで2本のPCI-Xスロットを搭載するのが特徴。もちろんNVIDIA SLIもPCI Express x16×2のフルレーンサポートとなる。よって拡張スロットの構成はPCI Express x16×2、PCI Express x1×2、PCI-X×2、PCI×1でメモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-533/667/800、ECC対応最大8GB)。オンボードインターフェイスにはデュアルギガビットイーサネット(Marvell/Yukon 88E1116×2)やIEEE1394、8chサウンド(AD1988B)、Serial ATA II×6(nForce 590 SLI/RAID 0/1/0+1/5/JBOD)、Serial ATA II×4(Marvell/88SE6145、RAID 0/1、内部3、外部1)、ATA133×1などを搭載する。
 その他、ヒートパイプを使った冷却機構や基板裏面のStack Cool 2、8フェーズ電源回路搭載などを備えるのは「M2N32-SLI DELUXE/WiFi-AP」と同じ。価格および販売ショップは以下の通りだ。

I/O部 Stack Cool 2
オンボードインターフェイスは豊富。ワークステーションマザーボードとしても活躍してくれるだろう基板裏面のStack Cool 2。このほかヒートパイプを使った冷却機構や8フェーズ電源回路搭載などを備えるのは「M2N32-SLI DELUXE/WiFi-AP」と同じ
価格 ショップ
ASUSTeK
「M2N32 WS Professional」
\38,480 アーク
スリートップ2号店
\38,580 T-ZONE.PC DIY SHOP
\38,770フェイス
\38,780TWOTOP秋葉原本店
\38,800 ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
高速電脳
BLESS秋葉原本店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ