このページの本文へ

ELSAからH.264変換ソフトが付属したTVチューナ/キャプチャカード「EX-VISON 1600TV」が発売に!

2006年06月24日 23時23分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ビデオ再生機能を搭載したiPodなどにも採用されているH.264フォーマットへの変換ソフトが付属したTVチューナ/キャプチャカード「EX-VISON 1600TV」がELSAから発売となった。TV番組を録画後、自動的にH.264コーデックでエンコードし、ファイルを出力してくれるという。

本体
本体はLowProfileサイズとなっているELSAのTVチューナ/キャプチャカード「EX-VISON 1600TV」。H.264変換ソフトが付属しているのも特徴
パッケージ
パッケージの比較画像では、他のMPEG-4コーデックに比べて、エッジ部にジャギーなどが目立たないとしている

 本体はLowProfileサイズ。同社のウェブサイトによると、3D Y/C分離やビデオデコード、ビデオエンコード機能を1チップにまとめたNEC製のチップを使用しているとのこと。そのため従来はそれぞれのチップ間でA/D、D/A変換をしなければならなかったが、今回はすべてデジタルでのデータ受け渡しが可能となるため、画質劣化が少なくなるという。
 搭載されている画質向上機能は、ゴーストリデューサ、3D Y/C分離、3Dノイズリダクションなどとなっており、3D Y/C分離と3Dノイズリダクションは排他使用。ALPS製セラミックTVチューナモジュールを搭載しており、対応チャンネルはVHFが1~12ch、UHFが13~62ch、CATVがC13~C63ch。そのほかコンポジット経由でデジタル放送の録画が可能であるが、画質はSDサイズにダウングレードされ、付属のコントロールソフト「INFO.TV Plus」でのみ再生可能となる(H.264への変換は不可能)。
 各ファイルフォーマット時のキャプチャサイズは、MPEG-2が720×480ドット、H.264が320×480ドット、WMV7/8/9が720×480ドット、AVIが720×480ドットとなり、MPEG-2のみ製品からのダイレクト出力となり、そのほかのファイルフォーマットはMPEG-2ファイルをソフトウェアエンコードして出力する。インターフェイスはRF端子×1、アナログ音声出力のほか、付属の分岐ケーブルを利用することによりS-Video入力×1、コンポジット入力×1、RCAピンジャック×1組を利用できる。対応OSはWindows XP/2000/MCE 2005。価格はと販売している店舗は以下の表の通り。

3D Y/C分離やビデオデコード、ビデオエンコード機能を1チップにまとめたNEC製のチップを使用インターフェイスはRF端子×1、アナログ音声出力のほか、付属の分岐ケーブルを利用することによりS-Video入力×1、コンポジット入力×1、RCAピンジャック×1組を利用できる
価格 ショップ
ECS
「「EX-VISON 1600TV」
\13,970フェイス
\13,980アーク
TWOTOP秋葉原本店
テクノハウス東映
BLESS秋葉原本店
ドスパラ本店(完売)
\14,800T-ZONE.PC DIY SHOP
TSUKUMO eX.
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ