このページの本文へ

ヤマハ、音楽と映像に対応した“ネットワークレシーバー”『DSP-N600』を発売

2006年06月16日 23時26分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ヤマハ(株)は15日、パソコン内の音楽やインターネットラジオ、デジタルオーディオプレーヤーの音楽再生などをワンリモコンで行なえるAVアンプ“ネットワークレシーバー”『DSP-N600』を7月下旬に発売すると発表した。価格は9万9750円。

『DSP-N600』
『DSP-N600』

『DSP-N600』は、ホームネットワークに接続し、パソコン内の音楽ファイル(MP3/WMA/WAV)をブラウズして再生したり、インターネットラジオを聴取したりできるほか、フロントパネルのUSB端子にポータブルオーディオプレーヤーや音楽ファイルを格納したUSBメモリーを接続し、ステレオ再生できるのが特徴。ホームネットワークに接続したパソコンは4台までブラウズできる。iPod用ユニバーサルドック『YDS-10』(1万500円)を専用コネクターに接続すれば、iPod(第4世代以降)の音楽や静止画/動画を『DSP-N600』を通して再生でき、静止画/動画はテレビに表示できる。

アンプ部は、全回路をローインピーダンス化してスピーカーの駆動力を高める“ハイカレントアンプ・テクノロジー”を採用した6chパワーアンプを搭載し、米テキサス・インスツルメンツ社の“バーブラウン(Burr-Brown)”ブランドの高精度DAC&ADCや、強化電源などにより、高音質設計がなされている。MP3やWMAなどの圧縮形式の音楽ソースの音を豊かに再生するために、高域拡張処理と低域強調処理を行なう“ミュージックエンハンサー”や、独自の音場創成技術“シネマDSP”技術を生かした32種類のサラウンドプログラムも搭載されている。アンプの出力はフロントL/R(95W+95W)、センター(95W)、サラウンドL/R(95W+95W)、サラウンドバック(95W)。周波数特性は10~100kHz。入出力は、アナログ音声、デジタル音声(光、同軸)を備える。

ビデオ部は、NTSCに対応。入出力は、コンポジットビデオ(入力4、出力1)、Sビデオ(入力3、出力1)、コンポーネントビデオ(入力3、出力1)、D4(入力3、出力1)に対応。映像出力は、TBC(タイムベースコレクター)を内蔵したデジタルビデオアップコンバージョンを搭載しており、古いビデオでも安定した画像で表示できるという。そのほか、FM/AMチューナーも内蔵している。

本体サイズは幅435×奥行き393×高さ171mm、重量は11.7kg。電源はAC100Vで、消費電力は250W(待機時0.1W)。リモコンなどが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン