このページの本文へ

東芝、デジタルオーディオプレーヤー“gigabeat P”に『NANA』のプレミアムモデル

2006年06月06日 17時09分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝は6日、1.1インチ有機ELディスプレーと512MBのフラッシュメモリーを搭載したデジタルオーディオプレーヤー“gigabeat P”の新製品として、日本テレビ系で放映中のアニメーション番組『NANA』のキャラクターをイメージしたプレミアムモデル“gb●NANA”(注:●は黒のハートマーク)4機種を発売すると発表した。

ラインアップは、主人公の大崎ナナをイメージした“NANAバージョン”『MEP05S(EN)』、もう一人の主人公の小松奈々(ハチ)をイメージした“HACHIバージョン”『MEP05S(EH)』、登場する2つのバンドをイメージした“BLACK STONESバージョン”『MEP05S(EB)』と“ TRAPNESTバージョン”『MEP05S(ET)』。価格はオープン。NANA/HACHIバージョンは7月7日、BLACK STONES/TRAPNESTバージョンは8月8日発売。

ラインアップ
gigabeat P NANAモデルのラインアップ(左からNANA、HACHI、BLACK STONES、TRAPNESTの各バージョン

新ラインアップは、少女向けコミックス『NANA』の登場人物をイメージしたモデルで、原作者の矢沢あいが監修したデザインを採用したのが特徴。NANAバージョンは、大崎ナナのカリスマ性をイメージしたビビッドな赤のボディーと黒のプラスボタンを持つモデル。HACHIバージョンは、小松奈々のみんなに愛されるキャラクターをイメージしたピュアホワイトのボディーにピンクのプラスボタンを採用したモデル。本体には『NANA』のロゴ画像をプレインストールするほか、モデルごとに異なるパッケージで販売される。

NANAバージョン HACHIバージョン BLACK STONESバージョン
NANAバージョンHACHIバージョンBLACK STONESバージョン
本体背面

デジタルオーディオプレーヤーとしての仕様は現行モデルと同等で、FM放送の聴取/録音やボイスレコーディング(モノラル)が行なえるほか、ステレオライン入力端子を備えており、ダイレクトレコーディング(MP3)も可能。収録曲数は125曲/約8.3時間(WMA/MP3、128kbps、1曲4分の場合)。対応オーディオ形式は WMA/MP3/WAV(PCM)で、ビットレートは16k~320kbps。著作権保護技術は“Windows Media DRM 10”に対応している。

インターフェースはUSB 2.0/1.1を搭載し、対応機種はPentium II-300MHz以上(Pentium III-1GHz以上推奨)を搭載したPC/AT互換機、対応OSはWindows XP。楽曲の転送にはWindows Media Player 10を利用する。電源はリチウムイオンバッテリーを内蔵し、約14時間の連続再生が可能。本体サイズは幅31.9×奥行き13.2×高さ82.0mm、重量は約50g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン