このページの本文へ

インターネット知的財産権侵害品流通防止協議会、ネットオークションの知財侵害防止で報告書

2006年06月05日 18時42分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インターネット知的財産権侵害品流通防止協議会は5日、インターネットオークションにおける知的財産権侵害品の流通を防止するために、協議会としての意見を取りまとめた報告書を作成し、4月に内閣官房知的財産戦略推進事務局に提出したと発表した。

協議会が検討したのは、
  1. 出品者情報の開示に係わる制度
  2. インターネットオークション事業者による出品者情報の取得
  3. インターネットオークション事業者の自主削除を強化する方策
  4. 権利者とインターネットオークション事業者の共同啓発活動

の4項目。問題点の抽出と分析、取るべき対策の検討、今後の共同体制のあり方などを議論したという。

報告書は、(社)コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)のウェブサイトからダウンロードできる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン