このページの本文へ

【アキバ・キーマンインタビュー No.5】ドスパラ秋葉原本店の名物店長だった、あの甲斐さんが登場!

2006年06月03日 23時50分更新

文● 大森徹哉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

気になるライバルは、T-ZONE.PC DIY SHOP!


――そういう意味でいうと、フェイスさんも1階を改装したり、その辺りを考えてやっていますよね?
【甲斐】 そうですね。
――そういう他店さんの状況とかも気になりますか?
【甲斐】 それはまあ、そうですね。でもそれはどちらかというと、動機付けぐらいでしかないです。本来あるべき状況を変えるというのが、われわれの一番の気持ちですね。
――念頭に置いてるライバル店は?
【甲斐】 秋葉原本店の場合は、やっぱりT-ZONEさん。そしてTOWTOPさんって感じですかね。とくにT-ZONEさんに対しては、彼らが来たばかりの頃は、正直、かなり我々に対して苦戦していたと思うんですよ。でも今は逆にパーツでいうと完敗ぐらいの勢いですからね。
――T-ZONEさんはパーツのイメージつきましたよね。
【甲斐】 ええ、本当に。1階にパーツを持ってきてからですね。逆にいうと、アキバでパーツをずっと売り続けて成功しているのは多分、あそこだけじゃないかと思っています。
――なぜ好調なんですかね?
【甲斐】 客足があるように見えますし、外から見ても明らかにT-ZONEさんは、ここの店は流行ってるという風に思われますよ。T-ZONEさんはいろんな店をやって1回つぶれてしまって、新しいファンドがきて、不採算店をどんどんつぶしていって、リソースをあそこ1ヵ所に完全に集中させた。それが、うまくいったケースですよね。
――なるほど。
【甲斐】 店作りを見ても、量販でもないし、ラオックスさんとも違う。当然秋葉原のパーツ屋ともちょっと違うという、そういう雰囲気をうまく醸し出せてますよね。やはりあそこはわれわれが目指すべき所ではないですけれども、成功してる例では絶対あると思うんです。
――物量とかもすごくありますよね。
【甲斐】 あります。
――ある意味、ヨドバシかめらさんの品揃えに近いですよね?
【甲斐】 そうですよね。あれを全て買い切りでやってるとしたら、われわれには本当に脅威ですよ。
――よく、Gigabyteフェアとか、Leadtekフェアみたいなことをやってますよね。
【甲斐】 あれは我々もそうだからなんですけど、お店から要求するより先にメーカーさんから言ってくることが多いです。特にT-ZONEさんはランドマークになっているので、あそこでやると効果があると仕入れ先の方も思うんでしょうね。



ドスパラ秋葉原本店の入り口は実はガレージ


――そういう意味で、お店としてはランドマークになろうと思うものですか?
【甲斐】 まずそこを目指す。ドスパラ秋葉原本店の場合はそういう意味ではすごく恵まれていて、いわゆるパーツ通りといわれるエリアの最初のほうにあるので目立ちます。まあ、横に、あきばおーさんがいて(笑)。実はあそこはすごくよくて、盛り上げてくれます。
――そうですよね(笑)。
【甲斐】 われわれが呼び込みとかをすると、彼らも頑張ってやるんですよ。相乗効果というか(笑)。それをやり始めると、今度はクレバリーさんもやってきてくれて、非常に嬉しいことで(笑)、声の張り上げ合いになるんですよ(笑)。
――イベントをやろうという話も来るわけですよね?
【甲斐】 ですね。やはりドスパラの本店の場合は、1歩下がったようなちょっと珍しい入口なので。あそこのスペースが使えますから。
――元々ああいう作りなんですか?
【甲斐】 そうです。
――あれは何か狙いがあって?
【甲斐】 いえ、違います。
――物件の都合で?
【甲斐】 ドスパラ本店の1階は元ガレージなんですよ。
――ああ、なるほど。
【甲斐】 元々は店舗とか一切考えてなかったんで、ビル自体が。事務所のビルだったんですよ。2階の床を踏んでもらうとわかりますが、OA床になってるんですよ。タイルをはがすとOAのブロックが入っていて、そこに配線ができるようになっているんですよ。だから、1段上がってるんですよ。
――そうなんですか。トイレはなんで2階にだけあるんですか? 
【甲斐】 事務所だからですね。で、1階にトイレがないのはガレージだからです(笑)。
――あ、そうですね(笑)。トイレがあるお店って珍しいなと、いつも思ってたんですよ。穴場ですよね。
【甲斐】 トイレに来るだけのお客さんもいますよ。ご意見番とかにも「トイレだけはなくさないでくれ」って意見もあるんですよ(笑)。土日とかだと、我々がトイレ入ろうとしても入れないんですよ。もう混んでいて(笑)。



「あ、甲斐さんですね」って言われたことあります


――甲斐さんは秋葉原本店にずっと勤められてた?
【甲斐】 基本的にはずっとなんですけど、アキバ店の開店時に3ヵ月ぐらい店長をしていました。
――あ、そうでしたよね。
【甲斐】 で、そのアキバ店の開店前の年に1ヵ月くらい大阪にいたんです。それ以外は基本的に秋葉原本店ですね。
――そうすると、本店は何年くらい?
【甲斐】 8年くらいですかね。
――もう顔ですよね?
【甲斐】 (笑)。何回か秋葉原を歩いてたときに、全然知らない人から挨拶されたことはありますね(笑)。コンビニに入ったときに、「あ、甲斐さんですね?」って。普通のお客さんでした。
――すごいですね、それは(笑)。
【甲斐】 全知らない人から話し掛けられるのはちょっと困りますね。あ、嘘です。そうでもないです(笑)。一番気まずいのが、休み時間に他のお店に行ってるときに、「店員さんですか?」って聞かれて、「違います」って答えることですね(笑)。
――視察というか、他店には見に行かれるんですか?
【甲斐】 やっぱり、もう休み時間中はしょっちゅう行きますね。
――でも、面が割れちゃってるんじゃないですか?
【甲斐】 面は割れちゃってますよ。それはもう仕方ないですよ。(次ページへ続く)



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ