このページの本文へ

トレンドマイクロ、中小企業向けスパイウェア対策専用ソフト『スパイバスター ビジネスセキュリティ』を発売

2006年05月23日 22時03分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

トレンドマイクロ(株)は23日、中小企業向けスパイウェア対策専用ソフト『スパイバスター ビジネスセキュリティ』を6月20日に発売すると発表した。ボリュームディスカウントに対応したライセンス版とパッケージ版を販売する。価格は3800円(税別)で、1年間のサポート料が含まれる。次年度以降の更新料は購入価格の50%。

『スパイバスター ビジネスセキュリティ』は、1月に発表した個人向けスパイウェア対策ソフト『スパイバスター2006』を基に、中小企業向けに管理機能を搭載したもので、クライアントのパターンファイルのアップデート状況や、侵入したスパイウェアへの処理状況を専用のウェブコンソールで一覧表示し、管理者がパターンファイルのアップデートやスパイウェア検索を実行できるのが特徴。同製品が導入されていないクライアントをネットワーク内から自動で探し出し、同製品をインストールする自動インストール機能や、発見したスパイウェアの数や種類をグラフ化するレポート機能なども用意されている。

対応OSは、管理サーバーが、Windows Small Business Server 2003(SP1)、Windows Server 2003, Standard Edition/Enterprise Edition(SP1)、Windows XP SP2/2000 Professional/Server/Advanced Server(SP4)で、クライアントが、Windows Small business Server 2003(SP1)、Windows Server 2003, Standard Edition/Enterprise Edition/Web Edition(SP1)、Windows XP SP1/2、Windows 2000 Professional/Server/Advanced Server(SP3以降)。管理コンソールはInternet Explorer 5.5以降。また、他社製セキュリティーソフトとの併用も可能(動作確認済み製品はウェブサイトに掲載する)。

同社では単体販売のほか、中小企業向け総合セキュリティーソフト『ウイルスバスター ビジネスセキュリティ』への同梱も発売と同時に開始するとしており、既存ユーザーにはウェブサイトで同製品を提供するという(7月中旬までは郵送でも提供する予定)。なお、同社では今後1年間で3億円の販売を目標としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン