このページの本文へ

マイクロソフト、フォトレタッチとビデオ編集を統合したイメージングソフト『Microsoft Digital Image Pro Plus』を発売

2006年05月23日 17時58分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は23日、統合型デジタルイメージングソフト“ Microsoft Digital Image シリーズ”の最上位製品となる『Microsoft Digital Image Pro Plus(デジタル イメージ プロ プラス)』を6月23日に発売すると発表した。価格は1万7800円。

製品パッケージ
『Microsoft Digital Image Pro Plus』

『Microsoft Digital Image Pro Plus』は、同社が2005年8月に発表したフォトレタッチソフト『Microsoft Digital Image Pro 2006』と、米ピナクルシステムズ(Pinnacle Systems)社のビデオ編集ソフト『Pinnacle Studio v.10.5』をワンパッケージとした製品。

『Digital Image Pro 2006』は、デジタル写真の閲覧や整理を行なう“Digital Image Library(デジタル イメージライブラリ)”の機能とフォトレタッチの機能を統合したソフト。RAW形式(キヤノン/ニコン)に対応しているほか、トリミングする領域を“黄金分割”により自動選択できる“スマートトリミング”機能やモノクロ写真作成ツールを搭載するなど、ハイエンドのデジタルカメラを利用して絵作りにこだわるユーザー向けとなっているのが特徴。

編集画面 DVDメニュー作成画面
編集画面DVDメニュー作成画面
『PinnacleStudio10』

『Pinnacle Studio v.10.5』は、ビデオや写真を取り込んで、BGMを選び、スタイル(18種類)を適用すればオリジナルのムービーを作成できる“SmartMovie(スマート ムービー)”を搭載するのが特徴。自動的にムービーの長さに合わせたBGMを作成する“SmartSound(スマート サウンド)”や、ドラッグ&ドロップによるエフェクトやトランジション、画像スタビライズ機能(カメラの手ぶれ補正)、自動ノイズリダクション、自動色補正なども用意されている。DVDオーサリングにも対応している。

対応OSは、Digital Image Pro 2006がWindows XP SP1以上/2000 Professional(SP3以上)/Me/98 SE、Pinnacle Studio v.10.5がWindows XP SP1以上。動画や静止画の読み込みと書き出しに関しては主要なフォーマットがサポートされている。対応機種は動作クロック周波数が1.4GHz以上(2.4GHz以上推奨)のPentium互換CPU、512MB以上のメモリー、DirectX 9以上に対応しビデオメモリーを64MB以上搭載したグラフィックスカード(ATI RADEONやNVIDIA GeForce 3以上推奨)を搭載したPC/AT互換機。

同社では、発売を記念して、『Microsoft Digital Image Pro Plus』または『Microsoft Digital Image Pro 2006』を購入すると、抽選でデジタルビデオカメラが当たるプレゼントキャンペーンを実施する。期間は5月23日から8月9日まで。また、乗り換え/アップグレードユーザー向けキャッシュバックも行なう。キャッシュバック金額は4000円で、期間は6月23日から12月31日まで。対象製品は、『Microsoft Picture It!』や『Microsoft デジカメスタジオ』ほか。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン