このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

MacBook-1.83GHz/2.0GHz(2006年5月発表)

MacBookの基本性能を丸裸に! 徹底ベンチマークテスト

2006年05月20日 16時13分更新

文● 編集部 広田稔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バッテリー駆動時間

最後にモバイルユーザーが気になるであろうバッテリー駆動時間を調べた。アップルの公称値では、MacBookファミリーの中でMacBookが最も長い駆動時間となっている。HDDを常時回してCPUを酷使するというHDムービーの再生では大差が出なかったが、DVDの連続再生では15インチMacBook Proの20%以上、17インチMacBook Proの10%以上も長時間動作した。


各機種のバッテリー仕様
*放電容量は『システムプロファイラ』にて調べた実測値
機種名 容量 最長動作時間 放電容量
MacBook-1.83GHz 55Wh6時間 5148mAh
MacBook-2GHz 5192mAh
旧15インチMacBook Pro-2GHz 60Wh 4.5時間 5480mAh
17インチMacBook Pro-2.16GHz 68Wh 5.5時間 6810mAh

バッテリー
バッテリーが100%の状態からHDムービー、またはDVDビデオの連続再生を始め、スリープに入るまでの時間を計測(追記:テスト機は、『システム環境設定』の『省エネルギー』でMac本体/液晶ディスプレー/HDDをそれぞれスリープさせないように指定した。液晶ディスプレーの明るさを最高まで上げて、AriMacとBluetoothモジュールをオンにしている)

基本性能だけを見るとかなりお買い得

MacBookはグラフィックを除いてMacBook Proに近い基本性能を持っている。iBook G4とPowerBook G4シリーズも同じPowerPC G4で動作周波数が近いCPUを搭載していたが、MacBookファミリーではバス幅やHDDなども底上げされたため、コンシューマー機とプロ/ハイエンド機の性能差がかなり縮まった。ゲームやビデオ編集などに使わず、ウェブブラウズやメールチェックが主なら、MacBookでもMacBook Proと変わらない処理速度を体感できるだろう。

とはいえ、パソコンを選ぶもの差しは内部パーツの性能だけではない。次回以降のレビューでは、入力デバイスの使い勝手や発熱について詳しくお伝えする予定だ。



前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中