このページの本文へ

インデックスなど3社、シニア向け映像配信事業で新会社を設立――“ヨシモト∞シニア”を9月に開始

2006年05月15日 23時06分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)インデックスは15日、(株)ファンダンゴ、(株)エム・ヴィ・ピー(MVP)と共同で、シニア向け映像配信事業を行なうための新会社“株式会社メディア・コンプレックス”を5月(予定)に設立することで基本合意に達したと発表した。

合弁会社は、潜在力に期待されているが市場開拓が難しいシニア層に対して、各社の経営資源やノウハウを相互に提供することで、シニア向け映像配信事業を早期に立ち上げるのが目的。ファンダンゴが所有するコンテンツと吉本興業所属タレント、インデックスの子会社のネオ・インデックス(株)が提供するコンテンツと各種ソリューションのノウハウ、MVPの販売力やマーケティングのノウハウを利用することで、シニア向け事業を支援する。

具体的には、9月にシニア向け映像ポータル“ヨシモト∞シニア(よしもとむげんだいしにあ)”のサービスを開始する予定で、広告と連動した無料のお笑いコンテンツを提供するほか、有料コンテンツを月額固定見放題やPPV(ペイー・パー・ビュー)で提供する。“ヨシモト∞シニア”のメインキャラクターには吉本興業(株)に所属するタレントの西川きよし氏に協力を得る予定としている。

なお、新会社は、所在地は東京都千代田区で、資本金は5000万。出資比率はファンダンゴとインデックスが各40%、エム・ヴィ・ピーが20%。役員などについては今後協議して決定する。広告と有料コンテンツ配信などにより、初年度は約1億円の売り上げを見込んでいるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン