このページの本文へ

ネットジャパン、パーソナル向けソフトのブランド“PowerX”を発表――3製品を同時発表

2006年05月11日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ネットジャパンは11日、パーソナル市場向けに特化したファミリーブランド“PowerX(パワーエックス)”を発表した。これは、同社が設立10周年を迎え、さらなる市場の拡大を目指すために立ち上げたもの。

ロゴマーク
“PowerX”のロゴマーク

新ブランドは、パソコンを人の能力をより豊かにするものと位置付け、個人の“創造(Creation)”を拡張するためのツール群と、“快適(Enhancement)”で“安全(Safety)”な環境を提供するために導入するという。“創造(Creation)”のカテゴリーでは、マルチメディア制作やウェブツール、ビジネス向けソフト(表計算/プレゼンテーション)などを提供し、“快適(Enhancement)”のカテゴリーでは、HDDやシステムの最適化などのオプティマイズ系ツールを提供、“安全(Safety)”のカテゴリーでは、バックアップ/リカバリーツールや、悪意のあるプログラム(マルウェア)などから保護するプロテクトツールなどを提供する。

同社では、“PowerX”シリーズの第1弾として、ファイルバックアップソフト『PowerX Backup Platinum 2.0』、動画/静止画キャプチャーソフト『PowerX CaptureWizPro 3.6』、ハードディスク総合管理ユーティリティーソフト『PowerX Hard Disk Manager 7.0』の3製品を同日付けで発表した。

パッケージ1 パッケージ2 パッケージ3
『PowerX Backup Platinum 2.0』『PowerX CaptureWizPro 3.6』『PowerX Hard Disk Manager 7.0』

『PowerX Backup Platinum 2.0』は、フォルダーやファイル単位でファイルのバックアップを行なうソフトで、フィルター(含める/除外する)の設定や増分バックアップ、バージョン管理、自動バックアップなどの機能を利用できるのが特徴。ネットワークストレージにも対応している。FTP/LAN/ローカルのフォルダー間でファイルの同期をとる機能や、Windows XP/2000上のサービス処理として実行する“サービスモード”も用意されている。対応機種はPC/AT互換機。対応OSはWindows XP/2000 Professional。

『PowerX CaptureWizPro 3.6』は、パソコンのデスクトップ画面上の静止画/動画/音声をキャプチャーするソフト。ウィンドウ/ダイアログボックス/ボタンなどのオブジェクトを自動選択してキャプチャーする“高速キャプチャ”、“画面全体キャプチャ”、マウスで2点を指定してキャプチャーする“2ポイントキャプチャ”、長方形の定規でキャプチャーする“フレームキャプチャ”、ウィンドウ枠を超えるサイズをキャプチャーする“スクロールキャプチャ”などが可能で、動画のキャプチャー“ビデオキャプチャ”ではFlahアニメやカーソルの移動/プルダウンメニュー/ポップアップメニューなど画面上の動きをすべてキャプチャーしてAVIファイルとして保存できる。ファイルとして保存するほか、印刷/付箋/メール添付/編集なども可能。対応機種は128MB以上(256MB以上推奨)を搭載したPC/AT互換機。対応OSはWindows XP/2000 Professional。

『PowerX Hard Disk Manager 7.0』は、HDDのパーティション/ディスク管理や、バックアップ/復元、コピーなどを行なうソフト。稼働中のシステムパーティションのバックアップ(オンラインバックアップ)やスケジューリングにも対応しており、リカバリーDVD/CDの作成も可能。対応HDDのインターフェースは、IDE、シリアルATA、SCSI、IEEE 1394、USB 2.0/1.1で、容量は500GBまで検証済みという(理論値は2TBまで)。対応機種はPentium-300MHz相当以上のCPUと128MB以上(256MB以上推奨)のメモリーを搭載したPC/AT互換機。対応OSはWindows XP/2000 Professional。

『PowerX Backup Platinum 2.0』と『PowerX CaptureWizPro 3.6』は、の31日に販売を開始し、価格は、Backup Platinum 2.0が6090円、CaptureWizPro 3.6が7560円。ダウンロード版は11日から先行販売し、価格はBackup Platinum 2.0が4410円、CaptureWizPro 3.6が5250円。『PowerX Hard Disk Manager 7.0』は6月28日に販売を開始し、価格は1万1760円。ダウンロード版は11日から先行販売し、価格は7980円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン