このページの本文へ

デジオン、マルチメディア・ホームネットワーク・キット『DiXiM2』を発売

2006年05月10日 22時26分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)デジオンは10日、家庭内でデジタルコンテンツを共有するためのソフトとして“マルチメディア・ホームネットワーク・キット”『DiXiM2(ディクシム2)』の販売を26日に開始すると発表した。価格は8800円。

『DiXiM2』『DiXiM2』

『DiXiM2』は、有線/無線LANに接続されたパソコンにインストールすることで、パソコンに保存されている動画/静止画/音楽などのデジタルコンテンツを、LANを経由してほかのパソコンから視聴できるのが特徴。アプリケーションは、保存されているデジタルコンテンツを配信するサーバーソフト『DiXiM Media Server』と、視聴するためのクライアントソフト『DiXiM Media Client』で構成されており、クライアントソフトは3台までインストールできる。クライアントライセンスを1に限定したダウンロード版も販売し、価格は3980円。

『DiXiM2』は、ホームネットワークの規格“DLNAガイドライン”に対応しているだけでなく、新機能として、再生音量を自動で一定にするオートレベル調整や、“お気に入りリスト”(5種類)の登録に対応。イコライザー(ラウドネス/バスブースト/ヴォイス/ロック/ポップス/ジャズ/クラシックの7種類)も用意されている。コンテンツ情報を持たないファイルに文字情報を付加する“タイトル編集機能”や、タイトル名/アルバム名/ジャンル/音楽プレイリストを元にした“文字検索機能”なども搭載。対応コンテンツの形式にOgg VorbisとMPEG-4 AACも追加されている。そのほか、クライアントソフトではWindows Mediaのストリーミングコンテンツの再生も可能になった。

対応するコンテンツの形式は、動画がASF/AVI(DV)/AVI(Cinepak)/MPEG-1/MPEG-2/WMV、サウンドがMP3/WAVE/LPCM/WMA/MPEG-4 AAC/Ogg Vorbis、静止画がBMP/JPEG/PNG。対応OSは、Windows XP Home Edition SP1以降/Professional SP1以降/Media Center Edition 2005 日本語版 Update Rollup 2以降。対応機種は、Celeron/Pentium III-1GHz以上、メモリー256MB以上を搭載したPC/AT互換機。Windows XP Media Center Edtition 2005では、Media Centerからクライアントソフトを起動でき、Media Centerリモコンによる操作も可能(一部機能を除く)。

なお、従来製品(DiXiM)の登録ユーザーにはダウンロード版と同じ構成の製品を優待価格でダウンロード販売するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン