このページの本文へ

バイ・デザイン、新開発の画像処理LSIを搭載した42インチプラズマワイドテレビ『d:4237MJ』など3機種を発売

2006年04月28日 19時04分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バイ・デザイン(株)は28日、新開発の高画質画像処理エンジンLSI“d:engine”を搭載した42インチプラズマワイドテレビ『d:4237MJ』、32インチワイド液晶テレビ『d:3237MJ』、27インチワイド液晶テレビ『d:2737MJ』の3製品の販売を同日付けで開始すると発表した。直販サイトで販売し、価格は、『d:4237MJ』が18万9800円、『d:3237MJ』が10万9800円、『d:2737MJ』が7万9800円。送料と取り付け費用は別途必要。出荷開始は5月8日。

LSIチップ
“d:engine”

“d:engine”は、自動コントラスト調整/3次元カラー制御/高再現性誤差拡散/輪郭強調などの機能を搭載し、毎秒170万画素の処理が行なえる高画質化専用LSIで、同社の液晶/プラズマテレビに搭載するために開発したもの。3次元カラー制御機能により輝度ごとに主要な色の色相と彩度を調整したり色合いを補正したりする“ACR(Accurate Color Reproduction)”や、任意の特定色を好みの色に変移/調整する“FCT(Favorite Color Technology)”などの“インテリジェントカラーマネージメント機能”、輪郭強調機能により水平方向の輪郭幅と強調度合いを制御するとともに、コアリングによりノイズの発生を低減する“ダイナミック シャープネス コントロール”、自動コントラスト調整機能により画像の輝度値を計測し、測定結果に応じて輝度レンジを広げたり(白黒伸長)、入力画像に応じて1677万通りのガンマカーブを基に輝度分布を調整することで深みのある画像を再現する“アドバンスドガンマ”の3つの技術で構成されているという。



『d:4237MJ』 『d:3237MJ』 『d:2737MJ』
『d:4237MJ』『d:3237MJ』『d:2737MJ』

『d:4237MJ』は、画面サイズが922×522mmで、解像度が1024×1024画素/1670万色表示のALISパネルを搭載した42Vインチプラズマワイドテレビ。輝度は1400cd/m2、コントラスト比は3000:1、視野角は上下/左右176度。映像入力端子はHDMI、コンポジットビデオ(RCA)×3、Sビデオ(コンポジット兼用)、D4×2、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)などを搭載する。チューナーは地上アナログ対応。音声出力は10W+10Wで、サラウンド(BBE)に対応。電源はAC100Vで、消費電力は385W(待機時3W以下)。本体サイズは幅1072×奥行き308×高さ793mm、重量は41kg。

『d:3237MJ』は、画面サイズが715×768mmで、解像度が1366×768画素/1670万色表示の液晶パネルを搭載した32Vインチ液晶テレビ。応答速度は8msで、輝度は550cd/m2、コントラスト比は1000:1、視野角は上下/左右176度。映像入力端子はHDMI、コンポジットビデオ×3、Sビデオ(コンポジット兼用)、D4×2、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)などを搭載する。チューナーは地上アナログ対応。音声出力は8W+8Wで、サラウンド(BBE)に対応。電源はAC100Vで、消費電力は185W(待機時3W以下)。本体サイズは幅826×奥行き280×高さ619mm、重量は18kg。

『d:2737MJ』は、画面サイズが593×335mmで、解像度が1366×768画素/1670万色表示の液晶パネルを搭載した27Vインチ液晶テレビ。応答速度は8msで、輝度は550cd/m2、コントラスト比は1000:1、視野角は上下/左右176度。映像入力端子はHDMI、コンポジットビデオ×3、Sビデオ(コンポジット兼用)、D4×2、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)などを搭載する。チューナーは地上アナログ対応。音声出力は8W+8Wで、サラウンド(BBE)に対応。電源はAC100Vで、消費電力は155W(待機時3W以下)。本体サイズは幅702×奥行き240×高さ512mm、重量は14kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン