このページの本文へ

渋谷駅前のSHIBUYA TSUTAYA Q FRONTでHD DVDを体験!!

2006年04月28日 16時58分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
渋谷ハチ公前の交差点から青い“HD DVD”の看板が目に飛び込んでくる
渋谷ハチ公前の交差点から青い“HD DVD”の看板が目に飛び込んでくる

アミューズソフトエンタテインメント(株)、松竹(株)、(株)ポニーキャニオンは28日、東京・渋谷の駅前交差点にあるランドマーク、SHIBUYA TSUTAYA Q FRONT(渋谷ツタヤ・キューフロント)の店頭にて、同日発売された次世代DVD“HD DVD”のソフト5作品を視聴・操作できる体験イベントを開催している。



本日発売されたHD DVDソフト5タイトル 近日発売予定のタイトル
本日発売されたHD DVDソフト5タイトル近日発売予定のタイトル。洋画、邦画、自然・バラエティーと幅広いジャンルの作品が予定されている

これは今年3月末日にHD DVDプレーヤー『HD-XA1』を発売した(株)東芝と、場所を提供した(株)TSUTAYAが協力して行なわれた体験・参加型イベント。会場には2台のHD-XA1と42インチ液晶TV“REGZA(レグザ)”『42Z1000』および72インチのDLP方式リアプロジェクターが用意され、HD DVDタイトルの高精細な映像や動画再生を続けながら操作メニュー、チャプターメニューなどを表示できる“アドバンスト機能”などを体験できるほか、HD DVDの特徴や発売予定タイトル一覧を記したパンフレットとロゴ入りハンディー扇風機を配り、その場でHD DVDタイトルの販売も行なわれた。

店頭デモの様子 HD-XA1のリモコン
店頭デモの様子。立ち止まって画質に感心する人、リモコンで操作してみる人などの姿も見られたHD-XA1のリモコン。シンプルなボタン配置
勝俣健太氏
東芝 デジタルメディアネットワーク社のHD DVD事業統括部HD DVD戦略・企画部戦略担当主任の勝俣健太氏

会場で東芝 デジタルメディアネットワーク社のHD DVD事業統括部HD DVD戦略・企画部戦略担当主任の勝俣健太氏に話を聞いたところ、「プレーヤーに続いてソフトも発売されたので、HD DVDの名前を知ってもらう、画質の良さに気づいてもらうというのが主な狙い」とこのイベントに協力した理由を説明。さらに会場に展示された“Coming Soon”のタイトルも「今後も毎月数タイトルずつ発売され、夏休みまでに10数タイトルが出そろう。DVDも本当の立ち上がりはソフトが充実してからだったので、これからが本番」と意気込みを語った。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン