このページの本文へ

初の容量750GBモデルを発売したSeagate“Barracuda 7200.10”シリーズから、今度は320GBモデルが登場!

2006年04月26日 21時42分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今週24日に3.5インチHDDとしては初の容量750GBモデルを発売したSeagate“Barracuda 7200.10”シリーズから、今度はその320GBモデルとなる「ST3320620A」と「ST3320620AS」が登場した。

320GBモデル ST3320620A
3.5インチHDDとしては初の容量750GBモデルを発売したSeagate“Barracuda 7200.10”シリーズから、今度はその320GBモデルとなる「ST3320620A」と「ST3320620AS」が登場。容量、価格帯的にも“Barracuda 7200.10”シリーズの売れ筋モデルとなりそうだ

 発売されたのはIDE対応モデルの「ST3320620A」とSerial ATA II対応の「ST3320620AS」2モデル。垂直磁気記録を採用し、回転数7200rpm、キャッシュ容量16MBと基本的な仕様に変りはなくプラッタ枚数は2枚となる。価格はパソコンハウス東映でIDEモデルが1万5250円、Serial ATAモデルが1万5580円、アークでIDEモデルが1万5540円、Serial ATAモデルが1万5729円、T-ZONE.PC DIY SHOPで1万5729円(両モデルとも)、TSUKUMO eX.で1万7480円(両モデルとも)。容量、価格帯的にも“Barracuda 7200.10”シリーズの売れ筋モデルとなりそうだ。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ