このページの本文へ

東芝、サッカー ワールドカップ仕様の黄金のノートパソコン『dynabook TX/870LSFIFA』の限定販売を発表

2006年04月24日 15時02分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
トロフィーをイメージしたゴールド塗装が華やかな『dynabook TX/870LSFIFA』。背面には凸加工でトロフィーや優勝国名が刻印 外観だけでなく、中身もワールドカップ仕様。写真の中村俊輔選手ほか、世界の著名選手を集めた壁紙やオリジナルマウスカーソルなどで彩られている
トロフィーをイメージしたゴールド塗装が華やかな『dynabook TX/870LSFIFA』。背面には凸加工でトロフィーや優勝国名が刻印外観だけでなく、中身もワールドカップ仕様。写真の中村俊輔選手ほか、世界の著名選手を集めた壁紙やオリジナルマウスカーソルなどで彩られている

(株)東芝は24日、6月に開催される世界最大のスポーツイベント“2006 FIFAワールドカップ”を記念したノートパソコン『dynabook TX/870LSFIFA』を限定販売すると発表した。12日に発表された家庭/個人向けノート“dynabook TX”をベースに、背面パネルにゴールド塗装が施されたほか、有名サッカー選手の写真が入ったテーマなどが収録されている。台数は600台限定で、店頭もしくは同社ウェブサイトで販売される。価格はオープンプライスで、予想実売価格は20万円前後。販売開始日は5月26日の予定。

dynabook TX/870LSFIFAの背面パネルは、ワールドカップ優勝国に贈呈される黄金のトロフィーに合わせたゴールド塗装が施されている。中央にはトロフィーが、その左右には歴代ワールドカップの開催地と優勝国名が、エンボス加工で刻印されている。またヒンジ部近くの下側には、歴代のワールドカップで使用されていたサッカーボール10種類のデザインが印刷されている。

さらにトロフィーの下には、シリアルナンバー入りのプレートを貼るエリアが用意されている。今年のワールドカップ優勝国が決定すると、同社のユーザーID(TID)を登録した購入者全員に優勝国名とユーザー名、シリアルナンバーが入ったプレートがプレゼントされるという仕組みとなっている。

外観だけでなく、コンテンツにもワールドカップに合わせたものが用意されている。ドイツのアディダス-サロモン社と契約している有名サッカー選手10人や日本代表選手などのオリジナルデザイン壁紙が18種類用意されているほか、10選手や歴代使用ボール、公式マスコットなどをテーマとしたスクリーンセーバーも5種類プレインストールされている。またマウスポインターやアイコンなども、オリジナル仕様となっている。

ハードウェア面では、『dynabook TX/880LS』をベースにいくつかのコンポーネントを変更したものとなっていて、TXの特徴である15.4インチワイド液晶ディスプレーや、タッチパッドをアプリケーション起動ボタンに切り替える“ワンタッチボタン付き光るタッチパッド”なども搭載されている。主な仕様は以下のとおり。

dynabook TX/870LSFIFA
Intel Core Duo T2300-1.66GHz/メモリー 512MB/Intel 945GM Express内蔵グラフィックス/80GB HDD/DVDスーパーマルチドライブ/15.4インチワイド液晶ディスプレー 1280×800ドット/無線LAN(IEEE 802.11a/b/g)搭載/Windows XP Home Edition/Office Personal 2003&OneNote 2003付属

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン