このページの本文へ

Micro/Flex ATXマザーにATX電源が搭載可能なキューブ型PCケース「G325」がAOpenから発売

2006年04月14日 23時23分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日こちらでもお伝えしたAOpen製のMicro/Flex ATXマザーを搭載可能なキューブ型PCケース「G325」の販売が今日から始まっている。ラインナップはシルバーとレッドの2モデルだ。

「G325」
販売のはじまったAOpen製のMicro/Flex ATXマザーを搭載可能なキューブ型PCケース「G325」

 この製品の特徴はケース背面にATX電源を搭載するためのスペースを設置することで、筐体内部容積を確保。それによりMicro/Flex ATXマザーを搭載可能にしたほか、120mm角などの大口径ファン採用電源を搭載すれば、内部排気との共用も可能となるというもの。そのため、ケースファンの類は装備されていない。もちろん搭載可能な電源にはサイズ的な制限がある。同社ウェブサイトには対応電源が紹介されているほか、奥行きの長いタイプでは使用できない可能性もあるので、そのあたりはよく確認してほしい。
 本体はスチール製で、サイズは280(W)×405(D)×260(H)mm。拡張ベイ数は5インチ×1、3.5インチベイ×1、3.5インチシャドウベイ×2という構成で、フロントアクセスユニットにはIEEE1394×1、USB2.0×2、アナログ音声入出力×各1を装備する。価格はZOA秋葉原本店で8680円(シルバーのみ)、俺コンハウスで8789円、BLESS秋葉原本店で8800円、クレバリー1号店で8814円、高速電脳で8800円となっている。

ケース背面 サイド
ケース背面にATX電源を搭載するためのスペースを設置Micro/Flex ATXマザーを搭載可能にしたほか、120mm角などの大口径ファン採用電源を搭載すれば、内部排気との共用も可能となる
内部 フロント
サイズは280(W)×405(D)×260(H)mm。拡張ベイ数は5インチ×1、3.5インチベイ×1、3.5インチシャドウベイ×2という構成フロントアクセスユニットにはIEEE1394×1、USB2.0×2、アナログ音声入出力×各1を装備する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ