このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

VAIO type L

VAIO type L

2006年04月14日 03時13分更新

文● 伊藤 裕也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自室などでひとりで楽しむのに最適な19インチワイドモデル

19インチワイド液晶パネル搭載のVGC-LA90S。キーボード・マウスはともにワイヤレスとなっている
VGC-LA90S付属のワイヤレスキーボード。パームレスト部分は展開するとキーボードのカバーになるキーボードカバーをかぶせた状態。カバーはアルミニウム素材を採用する
キーボードを横から見たところ。パームレストとキーボードはほぼフラットになるように設計されている15.4インチ液晶モデルのポインティングデバイスはキーボード内蔵のタッチパッドだったが、19インチ液晶モデルにはワイヤレスマウスが付属する
本体右側面。スロット式のDVDスーパーマルチドライブを搭載本体左側面。PCカードスロットやUSBポート、IEEE1394、メモリーカードリーダー/ライター(メモリースティック、SDメモリーカード、MMCに対応)といった構成は、15.4インチ液晶モデルとまったく同じだ
本体背面はケーブル類を隠すカバーに覆われており、普段はUSBポート×3とモデムポートが見えるだけのすっきりした状態となっている背面カバーを外すと、USBポートの上に無線LANのオン/オフスイッチが現われる
電源(ACコネクター)やネットワーク端子もカバーを外すことでアクセスできる。電源など各種ケーブル類をまとめる止め具も装着され、ケーブルの取り回しはスッキリ同じく背面にあるテレビチューナー、映像入力端子部。テレビアンテナ×1にSビデオ×1、コンポジット×1と標準的な構成

テレビを快適に視聴するための新ソフトを搭載

19インチ液晶搭載モデルには、新しいテレビ視聴・録画ソフト『VAIOインフォTV』がインストールされている。ウェブブラウザーを確認しながらテレビを見る――というような“ながら見”を強く意識したソフトとなっている。

『VAIOインフォTV』(画面右端)はデスクトップの端に張りつけた状態でテレビの視聴や番組表の参照が行なえるVAIOインフォTVではテレビ王国からデータを取得し、番組に関する情報を表示できるようになっている。テレビ番組についてさらに調べたい場合は、サーチエンジンを使用して情報の検索が可能だ
スクリーンのみの表示モードも備える。その状態でマウスカーソルをスクリーンの上に移動すると、画面のように四隅に矢印アイコンが表示される。このアイコンの上にカーソルを合わせ、指定した時間(標準では700ミリ秒)が経過すると、ウィンドウはその方向に瞬時に移動してしまう。これは“インスタントエスケープ”という、ながら見を支援する機能だもちろんテレビの視聴・録画に対応するリモコンも付属している

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン