このページの本文へ

“Chrome S27”採用のビデオカードをBLESS秋葉原本店でデモ中! 来週は2枚差しの“MultiChrome”に挑戦予定!

2006年04月12日 00時00分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 S3 Graphics社のGPU“Chrome S27”採用のビデオカードを搭載したデモ機の展示をBLESS秋葉原本店で実施中だ。同店によると「来週にも、同ビデオカードを2枚使用した“MultiChrome”動作のデモを実行する予定」とのこと。“MultiChrome”は“nVIDIA SLI”や“ATI CrossFire”と同様に、複数枚構成とすることでパフォーマンスが向上するという、同社オリジナルの技術だ。

BLESS秋葉原本店店頭デモ “Chrome S27”採用ビデオカード
“Chrome S27”採用のPCI Express x16対応ビデオカードを搭載したデモ機の展示を行なうBLESS秋葉原本店デモ機で使用されているS3 Graphics社のGPU“Chrome S27”採用のビデオカード。インターフェイスはVGA/DVI/TV-OUTという一般的な構成

 “Chrome S27”採用のビデオカードのデモは、以前TWOTOP秋葉原本店で行われたが、その時とは違うビデオカードが今回のデモでは使用されているようだ。デモ機のスペックは、CPUが「Core Duo T2600」、マザーがAOpen製「i975Xa-YDG」と、同店で「Core Duo T2600」のオーバークロックデモを行っていたマシンを流用している。デモ中のビデオカードのコアクロックは700MHzで、256MBのビデオメモリを搭載。気になるベンチマークの結果だが、残念ながら“3D Mark 05”、“3D Mark 06”ともに実行中にPCが再起動してしまい計測不能だった。また、「Unreal Tournament 2004」の体験版を初期設定のままプレイしたところ問題なく動作したものの、「Battlefield2」の体験版は、プレイ中にPCが再起動してしまった。デモ機に不都合があるのか、ドライバが未完成なのかは現在のところ不明だが、同店によると「“GeForce 6600 GT”相当の実力は持っているはず」とのこと。なお、“Chrome S27”を搭載したビデオカードは、今月中に発売予定で、予価は1万5000円前後とのこと。“GeForce 6600 GT”搭載ビデオカードよりも安く、低消費電力が期待される“Chrome S27”は、ゴールデンウィーク前の注目の製品といえるだろう。

基盤裏面 メモリチップ
基盤裏面は非常にシンプルメモリチップはSamsung製だ
GPU コア拡大
冷却ファンを外したところ。同ビデオカードは、富士通の90nm製造プロセス採用し、電力消費の効率化を実現しているのが特徴だコアには“JAPAN 0552”と刻印されていた。ショップによると「2005年52週に日本で製造されたもの」とのこと
開発者名? ビデオカードのプロパティ
ビデオカードのメーカーは不明。しかし、基盤右上には“Kelly Pan”と刻印されていた。開発者の名前だろうか?ビデオカードのプロパティ。ビデオメモリが256MBなのを確認できる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ