このページの本文へ

“GeForce 7600 GS”搭載ビデオカード初のメモリ512MB版がASUSTeKから登場

2006年04月07日 22時38分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKから“GeForce 7600 GS”を搭載したPCI Express x16対応ビデオカード「EN7600GS SILENT/HTD/512M」が登場した。同GPUを採用した製品としては初めてビデオメモリにDDR2 512MBを搭載するのが特徴だ。

EN7600GS SILENT/HTD/512M EN7600GS SILENT/HTD/512M
GPUに取り付けられたヒートシンクがコの字型となっており、基板背面側まで飛び出すようになっているファンレスビデオカード「EN7600GS SILENT/HTD/512M」。512MBのDDR2メモリのクロックは540MHz(270MHz DDR)。公式仕様の800MHzと比べてかなり低い

 この製品は、GPUに取り付けられたヒートシンクがコの字型となっており、基板背面側まで飛び出すようになっているファンレスビデオカード。すでに販売中のメモリ256MBモデル「EN7600GS SILENT/HTD/256MB」と見た目の上では同じだ。違いは唯一搭載メモリの容量……と言いたいところだが、同製品で採用される512MBのDDR2メモリのクロックは540MHz(270MHz DDR)というもの。公式仕様の800MHzには程遠く“微妙”な位置付けのモデルとなってしまった感じは否めない。価格は以下の通りだ。

価格 ショップ
ASUSTeK
「EN7600GS SILENT/HTD/512M」
\19,980BLESS秋葉原本店
\20,380 T-ZONE.PC DIY SHOP
\20,480 アーク
ドスパラアキバ店
\20,800 ツクモパソコン本店II
\20,973 クレバリー1号店
クレバリーインターネット館
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ