このページの本文へ

NTT東日本、“フレッツ・オフィス”の“ユーザ認証代行機能”を最大3000登録IDに

2006年04月06日 23時36分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東日本電信電話(株)は6日、プライベートネットワークサービス“フレッツ・オフィス”“フレッツ・オフィス ワイド”の付加機能として提供しているユーザー認証を代行する“ユーザ認証代行機能”の登録可能なID数を最大3000に増やすと発表した。13日から新プランを提供する。

プラン追加のイメージ
“ユーザ認証代行機能”のプラン追加のイメージ

“ユーザ認証代行機能”は、Bフレッツなどの回線を利用して“フレッツ・オフィス”に接続する際のユーザー認証を、ユーザーが用意する認証サーバーではなく、NTT東日本のネットワークで代行する機能。これまでは“プラン4”の500以内が最大だったが、今回、1000以内の“プラン5”、2000以内の“プラン6”、3000以内の“プラン7”の3つのプランが追加され、大規模な企業ネットワークでも利用できるようになる。

料金は、“プラン5”が月額6万3000円、“プラン6”が月額8万4000円、“プラン7”が月額10万5000円。工事費は別途必要で、既存プランからの拡大にも柔軟に対応するという。提供エリアはNTT東日本の“フレッツ・オフィス”提供エリアとなる。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン