このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

ATOK 2006 for Windows

ATOK 2006 for Windows

2006年03月27日 00時00分更新

文● 細谷 滝音

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ATOK 2006 for Windows

ジャストシステム

1万1550円(電子辞典セット)
8400円

日本語変換システムの重要性を再認識しよう

ATOK.com
ATOK 2006の情報が集められたジャストシステムのウェブサイト。旧バージョンからどの機能が強化されたかも分かる。

 漢字の誤変換は、よく笑い話になるが、いざ仕事で文書を書こうと思ったときに誤変換を連発されたら、やる気も吹き飛んでしまうだろう。

 「慣れれば、多少の不自由さはがまんできる」と言う人もいるが、誤変換を訂正する時間はバカにならないし、思考の妨げにもなる。快適な入力環境を体験したあとで、もとの不自由な環境に戻りたいと考える人はいないはずだ。良好な操作感の尺度は人それぞれだが、本当に効率よく仕事を進めたいのなら、CPUやメモリーを強化するより「日本語入力システムにお金をかけるべきである」というのが筆者の持論である。

 ジャストシステムの“ATOK”は、パソコンで文章を書く人に根強く支持されている日本語入力システムだ。約20年の歴史を持ち、今回で19回目のバージョンアップとなる。ATOKの最大のセールスポイントが“精度の高い変換エンジン”であることに変わりはないが、ここ数年のアップデートで重視されているのは“入力支援”の部分である。類義語を提示してくれる“連想変換”や言葉の意味を調べられる“電子辞典連携”などが追加され、文章表現の幅を広げられるようになった。スピーディーでストレスのない日本語入力が可能になるのはもちろんのこと、実際に書き上げる文章の質や内容までアシストしてくれる“優れもの”。それがATOKなのである。



“ATOK 2006”特別企画
ATOK 2006の開発者インタビューや、ライター・ヤシマ氏のユーザーレポートを紹介した“ATOK 2006”特別企画を掲載中。写真をクリックすると当該ページに移動します。

 最新バージョンの「ATOK 2006 for Windows」では“文脈処理”の強化や最新時事用語の追加などにより、より正確な変換が可能になった。また、省略語や人名の入力に便利な“訂正学習機能”、単語の一部を入力しただけで変換候補を表示する“推測変換”の強化、日付の入力や西暦/和暦の変換を簡単に行なえる“日付入力支援機能”といった新機能も追加されている。新たに64bit版のWindows XPに対応したほか、Internet Explorer上でもATOKの電子辞典検索を利用できるようになっている。



前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン