このページの本文へ

イーディーコントライブ、Winnyがあると復号化を停止する暗号化ソフト『Safety Disclosure Find Winny』の提供を開始

2006年03月22日 21時45分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イーディーコントライブ(株)は22日、暗号化したファイルを復号化する際に、復号先のパソコンにファイル交換ソフト『Winny』が存在するとファイルの復号化を停止する暗号化プログラム『Safety Disclosure Find Winny』の提供を開始すると発表した。受注生産となる。

『Safety Disclosure Find Winny』は、ファイルを自動復号形式で圧縮/暗号化し、メールなどに添付して送信した場合、受信側で復号するときにパソコンのHDD内を走査し、Winnyが存在すれば復号プログラムの起動を停止するのが特徴。同社では、ファイル共有ソフトの利用者の心理として、ファイル共有ソフトがインストールされていることを検出したり削除したり利用できなくしたりするソフトを、利用者が自ら使う可能性は低いと考えられるため、送信側からの情報漏えい対策として製品化したとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン