このページの本文へ

デル、20インチ/24インチワイド液晶ディスプレー3製品を発売――HDCP対応DVI-D端子搭載モデルもラインナップ

2006年03月20日 18時37分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デル(株)は20日、液晶ディスプレーの新製品として、UXGA表示の20インチタイプ『デル2007FP』、WSXGA+(1680×1050ドット)表示の20インチワイドタイプ『デル2007WFP』、WUXGA表示(1920×1200ドット)表示の24インチワイドタイプ『デル2407WFP』の3製品を同社直販サイト“オンライン・ストア”で販売すると発表した。直販価格は2007FPが9万4500円、2007WFPは9万6600円、2407WFPは15万7500円(いずれも送料別)。発売開始時期は、2007FPと2407WFPが本日、2007WFPは4月下旬予定となっている。

『デル2407WFP』
9-in-2カードスロットを搭載する24インチワイドの液晶ディスプレー、『デル2407WFP』。この製品と『デル2007WFP』はDHCP対応DVI-Dインターフェースを備える

3製品はいずれも、パネル周りがブラック、台座部分はシルバーという2トーンカラーで、狭額縁の新デザインを採用。従来の同サイズモデルより本体を軽量化し、コントラスト比を800:1(2007FP/2007WFP)もしくは1000:1(2407WFP)に向上したのが特徴。さらに、2007WFPと2407WFPはデジタル放送などで使われるデジタルコンテンツの著作権保護機能“HDCP”に対応したDVI-D端子を搭載し、デジタル放送対応TVチューナー搭載パソコンと組み合わせてデジタル放送の視聴や録画済み番組の再生(表示)が行なえる。従来モデルと同様、ワイドタイプの2製品はピクチャーインピクチャー(子画面表示)とピクチャーバイピクチャー(2分割表示)が可能(UXGA表示タイプはピクチャーインピクチャーのみ対応)。

『デル2007WFP』 『デル2007FP』
デル2407WFPを一回り小さくした、20インチワイドタイプの『デル2007WFP』10万円を切るUXGA表示の20インチ液晶ディスプレー『デル2007FP』

そのほか、20インチタイプの2007FPでは従来機種より輝度が向上(250cd/m2→300cd/m2)、20インチワイドタイプの2007WFPは応答速度(grey to grey)を6ms(従来は12ms)に向上するなどのスペック強化が図られている。視野角は上下左右約89度。また、24インチワイドタイプは9種類のメディアを2つのカードスロットに装着できるという“9-in-2”メディアカードリーダーを標準搭載する。

デルより、プレスリリースのスペック表の一部(応答速度)に誤りがあったとの連絡があり、記事もそれに合わせて修正しました。 2006年3月22日

本体サイズと重量は、2007FPが幅472.7×奥行き177.7×高さ332mm(高さ調整で最下端時)/6.5kg(スタンド込み)、2007WFPは幅445.3×奥行き193.5×高さ367.8mm/6.9kg、2407WFPは幅560×奥行き195×高さ387.9mm/8.3kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン