このページの本文へ

バッファローから802.11a/b/g対応の無線LANアクセスポイントとカードのセットが発売! 電波出力の強化モデル

2006年03月18日 23時27分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
 

 バッファローからIEEE 802.11a/b/gに対応し、独自のハイパワー設計により電波の到達距離を伸ばした無線LANアクセスポイント「WHR-HP-AMPG」に、同じく電波出力を強化したIEEE 802.11a/b/g対応無線LANカード「WLI-CB-AMG54HP」が付属したセットモデル「WHR-HP-AMPG/PHP」の販売が開始された。

製品写真
独自のハイパワー設計により電波の到達距離を伸ばした無線LANアクセスポイント「WHR-HP-AMPG」(左)と無線LANカード「WLI-CB-AMG54HP」(右)
パッケージ
ルータ側とカード側の両方が電波出力を強化しているため、20Mbpsでの通信可能距離が320mとなっているという

 以前紹介したようにアクセスポイントの「WHR-HP-AMPG」は、電波出力強化機能である“AirStationBooster”を搭載しており、同社によると「通信距離を最大200%にUP」という製品。今回の製品には同じく“AirStationBooster”を搭載したPCカード接続の無線LANカードが同梱されており、これと組み合わせることにより通信距離を「最大305%にUP」(同社)できるとしている。セキュリティ機能として、64bit/128bitWEPに対応するほか、WEPに採用されている暗号化方式“RC4”をさらに強化した“AES”と、暗号化キーを生成する乱数列を24bitから48bitに強化した“TKIP”を合わせて暗号化を強固にしているセキュリティ規格“WPA-PSK”をサポート。屋内でノートPCなどを利用する人には便利な製品と言えよう。価格はTWOTOP秋葉原本店で2万2780円、パソコンハウス東映で2万4280円。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ