このページの本文へ

FOXCONNからLGA775対応のマザー「RC4107MA-RS2」が登場!

2006年03月17日 00時00分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 FOXCONNからLGA775対応のマザーボード「RC4107MA-RS2」が登場した。フォームファクタはMicroATX、チップセットは“RADEON XPRESS 200”(RC410)+“SB450”を搭載している。

「RC4107MA-RS2」
FOXCONN製のLGA775対応マザーボード「RC4107MA-RS2」
ノースブリッジ
チップセットは“RADEON XPRESS 200”+“SB450”

 拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2、DDR2-667に対応したメモリスロットを2本搭載(最大2GBまで)という構成。オンボードインターフェイスは、チップセット内蔵のVGA機能、100/10 Base-Tイーサネット、6chサウンド、Serial ATA×4(RAID 0/1対応)、USB 2.0など。価格はフェイスで8970円。
 なお、TV出力用のブラケットが付属しているが、コネクタに接続する分岐ケーブルが付属していないため、そのまままではTV出力ができない。販売を行なうフェイスでは「ブラケットに関しては謎が多いため、サポートの対象外」としている

リアインターフェイス TV出力用ブラケット
リアインターフェイスは、100/10 Base-Tイーサネット、6chサウンド、USB 2.0×4など付属のTV出力用ブラケット。コネクタに接続する分岐ケーブルが付属していないため、そのまままではTV出力ができない。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ