このページの本文へ

クオリティ、パソコン内のWinny探査プログラムを地方自治体/警察/中央省庁などに無償で提供

2006年03月16日 22時44分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クオリティ(株)は16日、IT資産管理ソフト『QND Plus(キューエヌディー・プラス)』に“Winny探査タスク”をセットした製品を地方自治体/警察/中央省庁などの公的機関向けに22日から無償提供すると発表した。

提供するのは、ファイル交換ソフト『Winny』の対策プログラム(QND Plus Winny検出タスク)と対応マニュアル(Winny検出タスク利用マニュアル)で、5000ライセンスを提供するという。同社のウェブサイトで提供し、プログラムは4月30日まで利用できる。

同社では、社内に“公的機関のWinny事故防止緊急対策本部”を設置し、公的機関からの情報流出を防ぐためのソフトの提供と問い合わせなどに対応するとしており、今後、他社製品と連携した駆除ソリューションなどの提供も検討しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン