このページの本文へ

新製品が続々登場! 薄型&大画面TV特集 2006年春の陣

新製品が続々登場! 薄型&大画面TV特集 2006年春の陣

2006年03月13日 22時09分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
リビング向け大画面ではなく、個室で使うパーソナルTVを指向した“BRAVIA S2000”シリーズ
リビング向け大画面ではなく、個室で使うパーソナルTVを指向した“BRAVIA S2000”シリーズ

 ワールドワイドの液晶TV市場シェアで、シャープを抜いて1位となったソニー(株)。国内でも7日に、26V型以下の製品群を充実させる新製品“BRAVIA(ブラビア) S2000”シリーズを発表した。

 発表された新製品は、26V型の「KDL-26S2000」を筆頭に、23V型「KDL-23S2000」と20V型「KDL-20S2000」の3機種である。価格はいずれもオープンプライス。同社では「薄型TVも一家に1台から1部屋に1台へと需要が拡大する」として、S2000シリーズのコンセプトに、プライベートな空間で使う“プライベートハイビジョン”を掲げている。高画質化回路として、1チップ化された映像処理回路“ブラビアエンジン”を搭載し、色補正や1画面ごとの解析によるコントラスト補正、MPEGノイズ低減などを行なっているという。

 搭載する液晶パネル“ソニーパネル”は、解像度こそHDサイズだが、コントラスト比1200:1、画面輝度500cd/m2、上下左右の視野角178度など、ハイエンド製品と劣らないスペックを備えている。デジタルチューナーは3波対応、またHDMI入力端子とパソコン用のアナログRGB入力端子(D-Sub 15ピン)を備えている。予想実売価格は26V型が21万円前後、23V型が18万円前後、20V型が15万円前後と、安価に設定されているのも魅力だ。

 なおフルHD対応のハイエンド機“BRAVIA X”シリーズなど、ほかの製品は継続販売されている。



20~32V型に4製品を投入!
パナソニック VIERA“LX60”シリーズ

20~32V型に投入される、基本機能に重点を置いた液晶TV VIERA“LX60”シリーズ
20~32V型に投入される、基本機能に重点を置いた液晶TV VIERA“LX60”シリーズ

 松下電器産業(株)(以下パナソニック)も、プライベートユースとは明言していないものの、個室にも適当なサイズとデジタルTVとしての基本機能の充実を目指した新製品、VIERA“LX60”シリーズを1月18日に発表した。価格は全機種オープンプライス。

 発表されたのは、32V型の「TH-32LX60」から、26V型「TH-26LX60」、23V型「TH-23LX60」、20V型「TH-20LX60」の4機種。全機種ともHD解像度の液晶パネルと3波対応デジタルチューナーを搭載する。液晶パネルは上下左右の視野角が広い“ISP方式”の液晶パネルで、どの方向でも視野角178度を確保している。また映像処理機能として“新「PEAKS」”を搭載。1フィールドごとの解析によるコントラスト制御、従来機種LX50比で3倍の色空間による色補正“液晶ビビッドカラークリエーション”などを実現したほか、液晶パネル側の制御によるシーンごとのバックライト輝度/コントラスト/ガンマ補正なども行なっている。

 使いやすさの向上も考慮して、リモコンの操作ガイドを画面上に呼び出せる“ビエラ操作ガイド”を備える。映像入力端子にはD4入力やHDMI入力端子を備えるほか、SDメモリーカードスロットを備えて、同社のデジタルカメラ“LUMIX(ルミックス)”シリーズで撮影した写真を、SDメモリーカードから読み出して表示するといった、パナソニックらしい機能も備えている。

 なお、3月8日にはVIERAとHDD&DVDレコーダー“DIGA”を連動させる“VIERA Link”、および対応の新製品が発表されている。詳しくはこちらのニュース記事を参照いただきたい。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン