このページの本文へ

【CeBIT 2006 Vol.4】富士通シーメンス、3G携帯電話搭載の高級ノートパソコン『LIFEBOOK Q2010』を発表

2006年03月13日 12時13分更新

文● 安藤 怜

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
副会長の林さとる(日ヘンに堯)氏
富士通シーメンスコンピューターズ社 副会長の林さとる(日ヘンに堯)氏

ドイツの富士通シーメンスコンピューターズ(Fujitsu Siemens Computers)社は、3G通信サービス対応の携帯電話を搭載したハイエンドノートパソコン『LIFEBOOK Q2010』を発表した。LIFEBOOK Q2010は、性能だけではなく、高級感のあるデザインをパソコンに求めるビジネスマンなどをターゲットにした製品。本体にはマグネシウム、ヒンジ部分にチタン、そして背面部にはピアノラッカーが使用され高級感を出している。また、W-CDMA網とGSM網(800/900/1800MHz)に対応した携帯電話機能(SIMカードによる)を内蔵しており、データ通信が行なえるほか、Bluetooth対応のハンズフリーヘッドセットを用意すれば通話もできる。無線LAN(IEEE 802.11b/g)によるデータ通信やIP電話にも対応する。

同社副会長の林さとる(注:日ヘンに堯)氏はLIFEBOOK Q2010について、「高級感のあるパソコンを持ちたいというヨーロッパのビジネスマンや富裕層をターゲットにしている」と説明する。また、日本での発売も検討しているという。

仕様の詳細は一部未公表だが、CPUとして超低電圧版Intel Core Soloプロセッサーを、チップセットとしてインテルの945GMS、OSはWindows XP Professionalを搭載する。ディスプレーは、12.1インチのWXGA(1280×768ドット)液晶パネルを採用する。本体サイズは幅210×奥行き297×高さ20mmで、重さは約1kg。2006年第2四半期(4~6月)の発売を予定しており、価格は4000ユーロ(約56万円)。



LIFEBOOK Q2010
LIFEBOOK Q2010。ドッキングステーションに装着したところ
LIFEBOOK Q2010
LIFEBOOK Q2010とドッキングステーション
LIFEBOOK Q2010
LIFEBOOK Q2010のバッテリーを外したところに、携帯電話のSIMカードを挿入するためのスロットがある
         

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン