このページの本文へ

“Chrome9 HC IGP”によるVGA機能統合の“K8M890”を採用したSocket 939対応マザー「K8M890M2-V」がMSIから

2006年03月09日 22時18分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIからSocket 939に対応したMicro ATXマザーボード「K8M890M2-V」が発売された。チップセットに“Chrome9 HC IGP”によるVGA機能を統合した“K8M890”を採用する製品だ。

K8M890M2-V K8M890M2-V
Socket 939に対応したMicro ATXマザーボード「K8M890M2-V」。“Chrome9 HC IGP”によるVGA機能を統合した“K8M890”を採用する製品だ

 組み合わされるSouth bridgeは“VT8237R Plus”で、拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI×3。DDR400まで対応した2本のメモリスロットは最大2GBまで搭載可能。チップセット内蔵のVGA機能や100/10Base-Tイーサネット、6chサウンド(ALC655)、Seial ATA(RAID 0/1対応)×2などをオンボードで搭載する。価格は高速電脳で9380円。なお、同チップセットを搭載する製品としてはASUSTeK製「A8V-VM」やSocket 754対応のASRock製「K8VM890」などが販売中だ。

VT8237R Plus ブラケット部
South bridge“VT8237R Plus”周り。Seial ATA(RAID 0/1対応)×2などをサポートするチップセット内蔵のVGA機能や100/10Base-Tイーサネット、6chサウンド(ALC655)などを備える
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ