このページの本文へ

ロジクール、コードレス双方向通信マウスの左手専用モデル『MX610 Left-Hand Laser Cordless Mouse』を発売

2006年03月09日 15時22分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ロジクールは9日、メールやメッセンジャーの着信をLEDで知らせるレーザーコードレス双方向通信スマートマウスの左手専用モデル『MX610 Left-Hand Laser Cordless Mouse(MX610 レフトハンド レーザーコードレスマウス)』(MX-610L)を4月28日に発売すると発表した。価格はオープン。直販サイト“ロジクールオンラインストア”では6480円で販売する。

本体とレシーバー『MX610 Left-Hand Laser Cordless Mouse』

『MX610 Left-Hand Laser Cordless Mouse』は、2005年10月に発表した『MX610 Laser Cordless Mouse』を左手専用にした製品。メールやメッセンジャーの着信をLEDの点灯により通知する機能を搭載したボタンを含む10個のボタンをMX-610とは逆の位置に配置したのが特徴。上下左右のスクロールに対応したホイール “チルトホイール プラスズーム”などは変わらない。解像度は800dpi。単3乾電池×2本で最長約3ヵ月使用可能。本体サイズは幅41.5×奥行き125.5×高さ69.0mm、重量は95g(バッテリー込みで144g)。本体カラーは“シルバー&ブラック”となる。通信には2.4GHz帯を利用し、操作可能距離は約10m。ミニレシーバーのサイズは幅14.5×奥行き51×高さ6.8mm、重量は4g。インターフェースはUSB で、PS/2変換アダプターが付属する。対応OSはWindows XP/2000/Me/98。アプリケーションは最新の『SetPoint 2.49a』が付属する。対応機種はPC/AT互換機。保証期間は5年間。

左利きであるスイスのロジテック社(Logitech)社長兼CEOのゲリーノ・デルーカ(Guerrino De Luca)氏は、「MX-610Lは、私の今一番お気に入りのマウスです。人々が仕事、コミュニケーション、ホビーなどにパソコンを使う時間が長くなればなるほど、マウスの快適性がますます重要になってきます。左利きのユーザーは今までそれほどマウスの選択肢がありませんでしたが、MX-610Lにより、利き手でより効率的なナビゲーションコントロールを実現させ、より豊かな経験をすることができると同時に、右利きのユーザーと同様にロジテック(日本ではロジクール)のマウスに搭載された先進のテクノロジーのメリットを享受することができます」と述べているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン