このページの本文へ

カシオ計算機、2.5インチ液晶を搭載した600万画素デジタルカメラのエントリーモデル“EXILIM ZOOM”『EX-Z60』を発売

2006年03月07日 20時44分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カシオ計算機(株)は7日、コンパクトデジタルカメラ“EXILIM(エクシリム) ZOOM”シリーズの新製品として、600万画素CCDと光学3倍ズームレンズを搭載した『EXLIM ZOOM EX-Z60』を4月14日に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は3万5000円前後。

『EX-Z60/Z60RD』
『EX-Z60』と『EX-Z60RD』

『EX-Z60』は、有効600万(総637万)画素CCDと、5群6枚構成の薄型光学3倍ズームレンズ(f~6.3~18.9mm:35mm換算で約38~114mm、F3.1~5.9)を搭載し、独自の手ぶれ/被写体ぶれを軽減する“Anti Shake DSP(アンチシェイクDSP)”を搭載した“EXLIMエンジン”を採用したのが特徴。液晶パネルは2.5インチで、解像度は480×240画素。記録画素数は静止画が最大2816×2112画素(JPEG/Exif 2.2/DCF 1.0/DPOF対応)、動画が640×480画素/毎秒30フレーム(AVI/Motion JPEG)。内蔵メモリー(8.3MB)のほか、SDメモリーカード/MMCを利用できる。起動時間は約1.4秒、レリーズタイムラグは約0.002秒で、画像を約0.1秒間隔で再生する機能も搭載する。

エントリーモデルとして、サンプル画像を選べば思ったような写真が撮影できる33種類の“ベストショット”や、色褪せた古い写真を鮮やかに再現して撮影できる“よみがえりショット”、オークション用に適した画像を撮影できる“オークション”などの撮影機能や、初心者でも簡単に操作できるようにする“easyモード”などが用意されている。

『EX-Z60』 『EX-Z60RD』
『EX-Z60』『EX-Z60RD』

インターフェースはUSB 2.0/1.1(Full-Speed)とAV出力を搭載する。電源は専用リチウムイオン充電池で、約180枚の撮影が可能(CIPA規格)。本体サイズは幅95.2×奥行き19.8×高さ60.6mm(最薄部16.2mm)、重量は約118g。ボディーカラーをしシルバーからレッドに変更した『EX-Z60RD』もラインアップする。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン