このページの本文へ

Turion 64でnVIDIA SLIも可能!? Socket 754対応の“nForce4 SLI”搭載マザー「EP-8NPA SLi」がEPoXから発売に!

2006年03月02日 22時41分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 EPoXから久々の新製品が登場した。発売されたのは“nForce4 SLI”搭載でありながらSocket 754対応という変った仕様のマザーボード「EP-8NPA SLi」。サポート外ながらTurion 64でnVIDIA SLIも可能という製品だ。

EP-8NPA SLi
“nForce4 SLI”搭載でありながらSocket 754対応という変った仕様のマザーボード「EP-8NPA SLi」
ポップ
販売ショップのひとつアークの用意したポップには「保証外ですがTurion 64でSLIも可能です!」という記載も見える

 Socket 754対応マザーボードということで、正式にサポートするCPUはAthlon 64とSempron。ただ、販売ショップのひとつアークの用意したポップには「保証外ですがTurion 64でSLIも可能です!」という記載も見える。そもそも、モバイル向けのCPUとして低電圧での動作をウリとするTurion 64と、電力消費の多いnVIDIA SLIという組み合わせはなんとも違和感のあるものだが、それでも色々な構成にチャレンジしたいと考える自作ユーザーにとっては気になる製品だろう。
 拡張スロットはPCI Express x16×2、PCI Express x1×2、PCI×2でDDR DIMMは2本(DDR400/2GB)。6chサウンド(RealTek/ALC655)やギガビットイーサネット(VITESSE/VSC8201RX)、Serial ATA II(RAID対応)×4などをオンボードで搭載する。価格はアークで1万3780円、高速電脳とツクモパソコン本店IIで1万3980円となっている。

拡張スロット ブラケット部
拡張スロットはPCI Express x16×2、PCI Express x1×2、PCI×26chサウンド(RealTek/ALC655)やギガビットイーサネット(VITESSE/VSC8201RX)、Serial ATA II(RAID対応)×4などをオンボードで搭載する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ