このページの本文へ

オン・デマンド・ティービー、ハイビジョン&5.1chサラウンド対応のVODサービスを6月下旬に開始

2006年03月02日 20時01分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)オン・デマンド・ティービーは2日、映像配信サービス“オンデマンドTV”において、ハイビジョン映像と5.1chサラウンドに対応したビデオ・オン・デマンド(VOD)サービスを6月下旬に開始すると発表した。サービス開始に合わせ、映像符号化方式“H.264”に対応した専用受信機『ハイビジョン対応専用受信機』も販売する。

“オンデマンドTV”は、NTT東日本/西日本のフレッツサービス(FTTH)を利用して映画やアニメ、スポーツなどの映像を配信するサービス。定額でビデオが見放題のプラン“みほうだいプラン”では約3500本のコンテンツが月額2100円で見放題となる(専用受信機レンタル料は月額315円、購入も可能)。初期費用(加入料)は5250円。ハイビジョンVODコンテンツは、当初、国内外の映画を中心とした約200本を提供する予定で、2006年度末には約500本の提供を予定しているという。

専用STB
『ハイビジョン対応専用受信機』

『ハイビジョン対応専用受信機』は、(株)バッファローと共同開発したもので、コンポジットビデオ端子(NTSC)、D端子(D1~D4対応)、ステレオオーディオ端子、光オーディオ出力(角型)端子、LANポート(10/100BASE-TX)、USB 2.0×2を備えるほか、IEEE 802.11a準拠の無線LAN機能も搭載したセット・トップ・ボックス(STB)。対応解像度は480i/p、1080i、720p。H.264のコンテンツだけでなく、MPEG-2のコンテンツの視聴も行なえる。本体サイズは幅315×奥行き50×高さ270mm、重量は約2.1kg。リモコンが付属する。価格は3万1500円。

同社では、ハイビジョンVODサービスをいち早く体験するためのキャンペーン“ハイビジョン先取り体験キャンペーン”を、4月15日から6月15日まで会員向けに実施する。受け付けは3月10日に開始する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン