このページの本文へ

NTT東日本、IP-VPN認証で“フレッツナンバー通知機能”や“フレッツナンバーアシスト”などを提供

2006年03月01日 23時42分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東日本電信電話(株)は2月28日、フレッツ・アクセスサービスに固有に付加する“フレッツナンバー”を利用したサービスとして、接続先にフレッツナンバーを通知する“フレッツナンバー通知機能”と、フレッツナンバー通知機能で通知されるフレッツナンバーを認証に利用できるようにする“フレッツナンバーアシスト”を4月上旬から提供すると発表した。料金は、フレッツナンバー通知機能が無料で、初期工事費が2100円、フレッツナンバーアシストが月額1万290円から。

図1 図2
“フレッツナンバー通知機能”と“フレッツナンバーアシスト”の利用イメージ“フレッツ・グループアクセス Mフレッツオプション”の利用イメージ

“フレッツナンバー通知機能”は、Bフレッツ/フレッツ・ADSL/MフレッツメイトシリーズのユーザーIDを現状の接続方法のまま、接続先に通知できるようにするサービス。非通知に設定することも可能。“フレッツナンバーアシスト”は、“フレッツ・アクセスポート”と“フレッツ・オフィス”向けの付加サービス。これまでユーザー名/IDで行なっていた認証に、フレッツナンバーを加えることで、利用者の接続拠点を限定できるようになるのが特徴。これにより、なりすましによる不正アクセスを防止できるようになる。

併せて、無線LANを利用するブロードバンド接続サービス“Mフレッツメイト”シリーズから、CUG(Closed Users Group)サービス“フレッツ・グループアクセス”で構築されたIP-VPNネットワークに、リモート接続できるようにオプションサービス“フレッツ・グループアクセス Mフレッツオプション”も提供する。料金は月額735円で、初期工事費は2100円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン